30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師は夜勤の有無を真剣に考える?

30代の看護師は夜勤の有無を真剣に考えていく傾向にあります。というのも、30代で夜勤をどうするかによって、その後の看護師人生が大きく変わるためです。どのように変わるのかを説明します。

30代の看護師は夜勤がない職場を希望するケースが増える?

30代の看護師は夜勤がない職場を希望するケースが増えてきます。というのも、30代の看護師は結婚し、妊娠出産を経験、その後子育てと家事と仕事を両立させていかないといけない状況になる方が増えるためです。

結婚となると、当然のことですが生活サイクルは1人で決めてしまうことはできなくなってきます。旦那さんと生活サイクルについて話し合い、お互いが納得できるものにしていくことが必要です。

その中で旦那さんとの話し合いでよく出る内容として、夜勤はしないで欲しい、土日祝は休みにして欲しい、晩ご飯は作って待っていて欲しい、といったものがあります。

この条件を全て叶えるとなると、正社員での勤務が難しいとなり、パートでの勤務に切り替える看護師が増えます。

勤務形態もですが、部署として、外来や一般病院の場合は手術室へ異動希望を出すことで、夜勤がない環境で働くことを可能にしていることもあります。(大学病院は2.5次、3次救急を受け入れるため、24時間緊急オペがあり、手術室も夜勤がある場合が多いです。)

そして、例えば夜勤はしないで欲しい、晩ご飯は作って待っていて欲しいという条件であれば、夜勤がないクリニックや介護施設などを選択する看護師が多いですね。

このように、看護師本人が夜勤を希望するかしないかというよりも、旦那さんの意向も踏まえて夜勤ができないケースというのもあるのです。

また、子供ができると今度は子育てとの両立が出てきます。お互いどちらかの親が家にいる状態であればバックアップもあって仕事がしやすいかもしれませんが、そうでなければ様々な制限がついてきます。

基本的には託児所が閉まっている時間帯は仕事ができないということです。その1つに夜間帯があります。もちろん、24時間保育がある病院であれば夜勤も可能ですが、選択肢が非常に少なくなってしまいます。

こういった中で、看護師自身夜勤をどうしていくかを考えていく必要に迫られるのです。

30代の看護師は夜勤をしたくないと感じるようになる?

30代の看護師は夜勤をしたくないと感じるようになる方もでてきます。これは上記のパターンとは異なり、自分自身の働き方として夜勤が嫌、ということです。

最も多いのは夜勤をすることによって体調を崩しやすくなるということですね。やはり、不規則な生活を続けると、ホルモンバランスが乱れてしまい、様々な体調不良に繋がってしまうのです。

夜勤による体調不良とは別かもしれませんが、夜勤が原因でなかなか子供ができない、という悩みを持っているケースも少なくありません。

また、自分自身の生活サイクルとして、プライベートと仕事のあり方を見つめ直した結果、夜勤はしない形にしたいと考える看護師もいます。

20代は看護師としてのスキルを磨き、がむしゃらに走り続けた結果、30代は自分の時間をしっかりと持ちたいと考えるのです。

例えば、日勤のみで仕事をしたり、派遣を上手く活用して旅行などにも出かけながらプライベートを充実させる看護師もいます。

看護師としてのスキルアップをしたくないというわけではありませんが、仕事だけに生きるのではなく、ゆとりを持った生活をしたいというのが本音ですね。

30代の看護師の夜勤の有無でその後の看護師人生がどう変わる?

30代の看護師の夜勤の有無で、その後の看護師人生が変わってきます。簡単に言うと、30代で夜勤をする環境に身を置く看護師は、キャリア志向になる傾向が強いです。

逆に30代で夜勤をしない環境に身を置くようになった看護師は、バランス志向になる傾向が強いです。これはどちらが良い悪いという問題ではなく、自分にとってどういった生活がベストなのかを考えた結果と言えるでしょう。

20代の時には看護師としての仕事をきっちりとこなせるようになるために、ただひたすら走り続けてきた、という看護師も多いと思います。逆にそうすることで30代になると少し仕事に余裕ができます。

その余裕によって、仕事のこと、プライベートのこと、そして今後の自分自身の人生について少しずつ考えるようになります。

その結果の1つが夜勤をするかしないかなのです。よって、30代で夜勤をしないと決めた看護師は、その後夜勤をしない職場のみを選択する傾向が強くなります。

30代の夜勤をするかしないかの決断というのが、あなたの看護師としての今後のキャリア、生き方を決めることになるかもしれないということを、覚えておいてくださいね。

まとめ

30代の看護師は夜勤の有無について真剣に考える、そして考えた結果によってどういった変化があるかについて説明しましたが、いかがでしたか?

30代の看護師というのは、生活環境の変化ということもあったりで、自分自身の生活を見直す時期に差し掛かっており、当然ながら仕事のあり方についても考えます。

その結果の1つに夜勤の有無があるのですが、夜勤の有無の選択によって、キャリア志向なのかバランス志向なのかに分かれます。

そして、その後のあなた自身の選択する仕事の傾向も決まってくる可能性が高くなります。

つまり、30代で夜勤について考える際には、じっくりと時間をかけて行うことが必要です。出来れば、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントなどの第三者からの視点でアドバイスをもらった方が良いですね。

あなたが本当はどうしたいのかを見つめ直す良い機会になると思いますよ。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る