30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の後半で看護師に訪れる転機をピックアップ!

30代の後半で看護師に訪れる転機にはどういったものがあるのでしょうか?転機は人それぞれいろいろな年齢で訪れますが、看護師の場合に30代後半で訪れやすいものをピックアップしてみました。

30代の後半で看護師に復職する

30代の後半で看護師に復職する方が結構多いです。ここには何か転機があるのでしょうか?

子供が小学生、もしくは小学生高学年になる

看護師は現在でも女性が多い職種ですので、やはり子供の成長が仕事に影響します。中でも、子供が小学生になるまでは、もしくは小学生高学年になるまでは家にいよう、といった声も多いです。

となると、言い方を変えると小学生や小学生高学年に子供がなった時に、看護師としての仕事を再開しようとするわけです。その時の看護師の年齢が30代の後半が多いのです。

つまり、子供の成長が転機となるわけですね。更に子供が生まれるタイミングで退職したと考えると、ブランクが大体10年弱になっているはずです。

ブランクがあまり長くなりすぎると、復職のハードルが上がってしまいます。仮に病院がOKであっても、自分自身でなかなか一歩が踏み出せないという状況になってしまう傾向があります。

こういったことを全て踏まえて考えると、ちょうど30代の後半が看護師として復職するタイミングになっていると言えます。

結婚5〜10年となると離婚も

30代の後半となると、結婚後5〜10年になっている方が多くなります。そうなると、離婚するケースも少なくありません。特に看護師は一人で生活していけるだけの収入を得ることができますので、比較的離婚のハードルは低くなっています。

よって、離婚を転機に今までパート勤務していた働き方を本格的に正社員に切り替えたり、専業主婦であったのをまずはパートからと仕事に復職したりします。

もちろん、専業主婦から一気に正社員として夜勤もこなすという看護師もいます。特にシングルマザーとなると、それなりに収入も必要となりますので、両親の近くで暮らし子供を見てもらいながら夜勤もこなすという看護師も多いです。

子育て後のことを考える

看護師という仕事は非常にやりがいがありますので、一生看護師として働きたい、と考えている看護師も多いです。専業主婦に一旦なった看護師もいずれ看護師として職場復帰したいと考えているケースも少なくありません。

特に、子育て期間中は問題ないのですが、30代後半になってくると子育て後についても考えるようになってきます。その時に、子育てが一段落したら看護師の仕事に復帰したい、という気持ちが強くなる方がいます。

更に、上記でも触れたように、復職のハードルがブランクが長くなればなるほど高くなりますので、今復職しておかないと復職するタイミングが難しくなる、ということで復職を真剣に考えるようになります。

上記では子育てが一段落したという物理的な面での復職ですが、ここでは精神的な面で子育てに余裕ができた時に生じやすい内容になっています。

看護師の仕事が好きな方に起こりやすい現象ですね。

30代の後半で看護師としてのキャリアチェンジをする

30代の後半で看護師としてのキャリアチェンジをする方が多いです。これはどういうことかというと、30代の後半というと、看護師としてのキャリアが10年以上になっている方が多く、看護師の仕事に慣れてきた時分です。

看護師として長年勤務している中で、やはり今後の働き方を真剣に考えるようになります。例えば、30代の後半となれば、どうしても体力面で言うと20代と比べると落ちてしまいます。

その中で夜勤を何回行っても平気だったのが、体力面できついと感じるようになることもあります。30代の後半できついと感じるようになると、この先ずっと看護師として仕事をするつもりなのであれば、かなりの不安ですよね。

40代、50代になった時に夜勤ができるのだろうか、とどうしても考えてしまいます。その時にキャリアチェンジを真剣に考えるようになります。

看護師として10年以上のキャリアがあれば、キャリアチェンジは案外簡単に行うことができます。例えば病院以外で夜勤がない職場と考えた場合でも、在宅訪問サービスである訪問看護、施設関係、クリニックなど数多く存在しています。

もちろん、各々にメリット・デメリットがありますので、慎重に考えていく必要はありますが、現在の仕事がきつい、と感じたことが転機となって、将来的な働き方を考えるようになってキャリアチェンジする、というのは、ある意味自然な流れと言えるでしょう。

30代の後半で看護師としてステップアップしていく

30代の後半で看護師としてステップアップしていくことを考える方も多くいます。というのも、30代の後半となると看護師としての経験が10年以上になってきている方が多く、勤続年数が長ければ役職などの話が出てくることもありますし、専門分野を追求するために転職を考える看護師もいます。

30代の後半となると、今後の看護師としてのキャリアを真剣に考えるようになります。独身の看護師は自分の稼ぎで今後ずっと生活していくことも視野に入れてキャリアを考えますし、子育てをしていた看護師は、そろそろ子供の手が離れてくるタイミングです。

ずっと一般職で数年単位で転職を繰り返しても、現在の看護師不足の状況であれば、60歳を超えても仕事はあるでしょう。しかし、条件面は40代後半から徐々に悪くなっていき、最終的には仕事を選べなくなっていきます。

そうならないように、30代の後半からステップアップをしていくことを考え、キャリアプランを立てて行動していくことが大切なのです。

ここでの転機というのは、勤務先で役職の話があったり、または看護師の友人が管理職になっていったりするのを聞いて、ということが多いですね。

まとめ

30代の後半で看護師に訪れる転機について説明しましたが、いかがでしたか?基本的に多い転機というのは、やはり今後の看護師としてのキャリアを真剣に考えるようになることに繋がるものが多いです。

子供の成長、生涯独身、友人のキャリアチェンジやステップアップなどですね。身近なところで起きるちょっとした出来事によって、転機は訪れるものなのです。

しかし、その後行動を起こすのはなかなかエネルギーが要りますし、すぐに行動できない方も多いです。そもそもどうやって行動したら良いかが分からないという方も多いでしょう。

30代の後半で看護師に転機が訪れた時に気軽に相談てきるサービスとして、看護師転職支援サイトを利用するという手段があります。

転職の斡旋、求人の案内しかしてもらえないんじゃないの?と思っているかもしれませんが、様々なキャリアチェンジ、ステップアップしていった看護師を見てきた転職コンサルタントが、あなたの状況に適したアドバイスをしてくれるかもしれません。

友人の看護師などは看護師の立場としてアドバイスしてくれるかもしれませんが、客観的な視点で看護師のキャリアを見ることができている転職コンサルタントからのアドバイスも、有益なものになると思いますよ。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る