30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代のシングルマザーの看護師の職場にはどういったところがあるの?

30代のシングルマザーの看護師の職場にはどのようなところがあるのでしょうか?看護師の職場は多く、シングルマザーも珍しくないため、働くことができる職場は多いです。人気の高い職場を紹介します。

30代のシングルマザーの看護師はやはり収入面の安定を重視?

30代のシングルマザーの看護師はまずは収入面の安定に力を入れる方が多いです。30代ということは、そもそも離婚して10年経っていない方も多く、まずは生活を安定させるための収入面に目を向けます。

となると、シングルマザーでも稼ぐことができる職場を選択することになりますよね。となると、真っ先に候補として挙がってくるのが病院ということになります。

しかし、病院で高収入で働くためにはやはり夜勤が欠かせません。しかし、30代のシングルマザーの看護師の子供はまだ小さいケースが多いですよね。

子供が小さいと夜勤ができない、と考えがちですが、逆に子供が未就園児である方が夜勤がしやすいこともあります。

例えば、2〜3歳児であれば、24時間保育で対応してくれる病院があり、そういったところでは夜勤を行うことができます。

また、24時間保育を利用しての夜勤であると、夜勤に入る曜日が夜間保育を行っている曜日のみとなっている病院もあり、そういったところになると、何曜日に夜勤に入るかが決まるため働きやすいと感じるシングルマザーの看護師が多いです。

ちょうど30代のシングルマザーの看護師の子供は該当することも多いため、24時間保育がある病院を選択して、まずは金銭的な不安を解消することから始めるというのも良いかもしれませんね。

30代のシングルマザーの看護師は子供との時間を優先に考える?

30代のシングルマザーの看護師には当然ながら子供がいます。特に小学生の子供がいるケースでは、子供と触れ合う時間を最優先に考える傾向が強くなります。

というのも、小学生の子供になると、学校でいろいろなことがありますので、きちんと話を聞くことをしていく必要があるためです。つまり、子供が学校から帰っている時間帯に家にいるようにしたいわけです。

また、小学生低学年の場合は、1人で留守番というわけにもいきませんので、自分の親と同居していないシングルマザーの看護師は、子供が家に帰ってくる時間、出来れば16時くらいまでには家に帰るようにしたいとなります。

こういった場合の職場として挙がってくるのは、クリニックやデイサービス、もしくは子育て支援制度のようなものがある病院ですね。

クリニックであれば午前診の勤務、デイサービスであれば15時位までの勤務、子育て支援がある病院であれば、時短勤務として16時くらいまでの勤務が可能になります。

金銭的な余裕がある程度あるのであれば、クリニックの午前診で問題ありませんが、生活費を稼がなくてはいけないという場合であると、デイサービスか子育て支援がある病院での勤務でないと難しいですね。

ただ、子育て支援がある病院の時短勤務、更には夜勤免除といった部分に関しては、例えば子供が小学生の間まで、等病院側の規定によって決まりがあります。

子供の成長具合によって小学生でも1人で留守番が問題ないこともあれば、中学生でも1人で留守番が不安というケースもあるでしょう。

しかし、病院の場合は多くの看護師を採用しているため、一定のルールを決めておかないと収拾がつかなくなってしまいます。

この点は注意が必要ですね。

30代のシングルマザーの看護師は子育てに理解がある職場でないと難しい?

30代のシングルマザーの看護師の職場として2通りを説明しましたが、どちらにしても言えることは、子育てに理解がある職場でないと難しいことです。

上記で説明したように、子育て支援の有無もありますが、それ以外にも配属先の配慮があるかどうかといったことも、子育てに対する理解があるかどうかに繋がります。

例えば、子供が大きくなるまでは外来への配属、という病院もあれば、給与面を含めて手術室への配属を検討する病院もあります。

シングルマザーの看護師の場合、勤務時間や休日のこともありますが、併せて金銭的な部分もあります。その辺りの個々の事情によって配属先を検討してもらえる環境がベストと言えます。

また、子供が急病になった時に休める環境かどうか、子供の行事、参観日などに参加するための休みが取れるかどうかなども子育てに理解があるかどうかによって大きく異なってきます。

こういったことは、入職した後に働きやすい職場と感じる場合には、多くのケースでクリアされています。つまり、子供のことでの配属先の配慮や、休みを取りやすい環境にある職場が働きやすい職場となるのです。

正確に言うと子育てに関してはほとんどの職場で理解はしています。ただ、理解している上で協力体制を取ろうとしてくれる職場と、理解していることを示さない、無視する職場があるのです。

当然ですが、理解している上で協力体制を取ってくれる職場で勤務することが大切ですよね。

まとめ

30代のシングルマザーの看護師の職場について説明してきましたが、いかがでしたか?

簡単にまとめると、30代のシングルマザーの看護師の職場としては、小さな子供がいても夜勤ができる環境がある職場と、夜勤や土日祝の勤務がない、時短勤務なども可能な職場とがあります。

どちらを選択するかは状況によって異なりますが、金銭的な面での安定を図るのであれば小さな子供がいても夜勤ができる環境がある職場、子供との時間を大切にするのであれば休みや時間的な融通がきく職場を選択する看護師が多いです。

シングルマザーの看護師が職場を選択する時に重要なことは、やはり仕事と子供の両立です。それができる職場なのかどうかは、前例としての過去の実績や現在の状況を確認すると良いでしょう。

例えば、24時間保育があっても利用している看護師が少ない病院もあります。ということは、24時間保育を利用して夜勤をすることが難しい病院なのかもしれませんよね。

また、子育て支援を行っている職場は増えていますが、各々で規定があり、その規定を把握していることも大切になります。

もちろん、子育てに理解があることを示すかどうか?無視しないかどうか?という点に関しても、同じように把握しておくことが重要ですよね。

しかし、こういったことは求人票に詳しく記載されていることは少なく、自分自身で事前に把握して検討することが難しいです。

こういった内情を知るためには、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに確認すると良いでしょう。

転職コンサルタントは、現在の状況や過去の実績などを含めて、シングルマザーの看護師が仕事がしやすい職場かどうかを教えてくれます。また、あなたの状況に適した職場かもアドバイスしてくれますよ。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る