30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代で看護師が新人扱いを受けることってあるの?

30代で看護師が新人扱いを受けることってあるのでしょうか?看護師という括りで言えば、看護師の経験があれば新人ではありませんが、中途採用の場合はその職場では新人とも言えます。こういった場合はどのようになるのかを、様々な職場の説明から解説していきます。

30代の看護師が新人扱いを受けるケースが多いのは病院?

30代の看護師が新人扱いを受けるケースが最も多いのは、やはり病院です。病院の場合は看護師数も非常に多くなっていて、部署内の各々の看護師の立ち位置や役職が決まっています。

例えば、師長がいて副師長や主任、副主任がいて、教育担当やリーダー的な役割を担っている看護師などですね。役職者は明確に役職がついていてはっきりとしていますが、それ以外にも役職はないけども役割はあるといった看護師も多いです。

そういった組織の中に入っていくということになりますので、いくら看護師としての経験が長くあったとしても、中途採用先では新人として扱われることになるケースが多いです。

もちろん、看護師の経験年数が長いのであれば、数ヶ月の勤務の中で仕事を覚えて更には役割も明確になり、新人としての扱いではなくなっているということもあります。

これは看護師としての経験年数もありますが、性格的な部分も大きいと思います。コミュニケーション能力が高く、中途採用されてすぐに職場に打ち解けることができると、それだけ教えてもらいやすくなりますので、その分仕事を覚えるスピードが早くなります。

大体ですが看護師としての経験が3年以上で半年くらいの中で、新人を卒業するのがベストです。早い方は3ヶ月未満、遅くとも1年未満では新人を卒業していかないと、長期的に勤務していくことが難しくなることもあります。

よって、病院では30代の看護師の中途採用時には新人にはなりますが、出来るだけ早く新人を卒業してもらえることも期待されている、という認識は持っておいた方が良いですね。

30代の看護師が新人扱いを受けにくいクリニック?

30代の看護師が新人扱いを受けにくい職場として、クリニックがあります。クリニックに関しては、まずは看護師の数が少なく、教育担当の看護師がいない、研修体制がない、などがあります。

つまり、新人扱いをしようと思っても、新人に教える体制がないということになるのです。

また、上司が院長となることも少なくありません。従業員の数が数十名規模のクリニックになれば看護部長などの存在もありますが、従業員が10名未満のクリニックなどでは看護師のトップがいないケースもあるのです。

院長が上司となりますと、益々丁寧に教えることができる環境はないと言えます。院長は診察などで忙しいため、院長がやって欲しいことを指示し、それをこなしていく中で仕事を覚えていく、言われなくてもできるようにしていく、といった流れになっていきます。

そして、もう1つ新人扱いを受けない理由として挙がるのが、診察時間帯に看護師が複数名いないクリニックもあることです。つまり、院長と看護師1名、受付事務数名のみで診察しているのです。

こういった環境になってくると、新人であってもその診察時間帯のナンバー2になります。医療従事者として携わることができる業務をしっかりとこなしていくことができるのが、院長とあなただけなのです。

こうなると当然ながら新人という立ち位置ではなくなりますよね。クリニックで勤務するということはそういうことだと、覚悟しておくことが大切と言えるでしょう。

30代の看護師が新人扱いを受けたくない施設関係?

30代の看護師が新人扱いを受けたくない職場として、施設関係があります。ここで言う施設関係とは、特別養護老人ホームや有料老人ホームを指します。

こういった職場に関しては、そもそも施設関係を経験したことがないという看護師も多く中途採用されており、新人扱いされる方が多いのではないかと思いますよね。

確かにそうなのですが、施設関係では看護師が新人扱いを受けることで、多くのストレスを抱え込んでしまう可能性が高くなります。

というのも、施設関係に中途採用で入職すると、教えてくれるのが看護師だけでなく介護スタッフも関わってくるためです。

つまり、新人扱いを受けることによって、先輩看護師だけでなく、先輩介護スタッフからも教えてもらうことになります。

施設のスタッフとして先輩から仕事を教えてもらうといった気持ちであれば問題ありませんが、看護師としてのプライドが高いとなると、介護スタッフから教えてもらうことに抵抗がある場合があります。

そういったことを乗り越えていかないと、なかなか施設関係で長く勤務することができません。

ただ、新人扱いを受けるかどうかだけの問題ではなく、施設関係で勤務するのであれば、介護スタッフとも同等な関係として仕事をしていく姿勢がないと勤務するのが難しいという実情もあります。

こういったことは頭に入れておくと良いですね。

まとめ

30代の看護師が新人扱いを受けやすい職場、受けにくい職場、そして受けたくない職場を説明してきましたが、いかがでしたか?

これは言い方を変えると新人教育の体制がしっかりしているかどうかも指していることになりますので、逆に新人扱いしてもらって一から仕事を覚え直したい、というのであれば、断然病院が良いと言えるでしょう。

また、教育体制がなく最初から自分中心で仕事がしたいと言うのであれば、クリニックを選択すると良いでしょう。

ゆったりとした環境で仕事がしたい、看護師としてというよりも働くスタッフの一員として、という気持ちが強いのであれば、施設関係での勤務はお勧めです。

このように、新人教育に焦点をあてるだけでも、いろいろなパターンが出てきます。しかし、いろいろなパターンが見えてきても、実際には入職する職場ごとに特徴がありますよね。

新人として扱ってくれる職場なのか、それとも即戦力として扱ってくれるのか、、新人教育は誰が行っているのかなどをしっかりと把握した上で入職したいものです。

そういった情報は、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用することで解決できます。というのも、転職コンサルタントは求人先から「こういった状況だからこんな人を連れて来て欲しい」といった要望を聞いているためです。

つまり、求人先が何を求めているか把握しているのです。その情報をもとに、あなたがどういった環境を希望するのかを考え、面接先を決定していくと良いでしょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る