30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師が就職を初めてする際の就職先ってどうなの?

30代の看護師が就職を初めてする際の就職先は、20代で就職を初めてする際と違いがあるのでしょうか?専門学校等卒業後の就職先やその後のキャリアを含めて検証していきます。

30代の看護師が就職を初めてする場合は就職先が限定される?

30代の看護師が就職を初めてする場合、専門学校等卒業後の就職先が20代で就職を初めてする際と違い、若干限定されるケースがあります。

もちろん、限定される可能性がある職場を希望していなければ問題ありませんが、希望している場合は就職活動が困難なものになる可能性がありますので、把握しておく方が良いと思います。

公的な病院や大学病院、総合病院などは年齢制限に引っかかる可能性も

35歳までといった年齢制限になっているケースが多いため、30代で看護師になって就職を初めてする際、年齢制限に引っかかってしまうことがあります。

もちろん、上記の病院の全てが年齢制限があるわけではありませんので、探せば35歳以上でも就職試験を受けることができますが、そもそもなぜ年齢制限があるのか、という点を考える必要があります。

公的な病院や大学病院、総合病院などは全て急性期色の強い救急病院です。病院内の患者様の回転が早く、急を要する患者様に対する対応に追われる日々になります。

看護師として仕事をスタートすると、覚えることも非常に多く、患者様の命を預かる仕事として、最初のうちは特に精神的にも疲労感を感じる方が多いでしょう。

そして、実際に体力的にもかなりきつい仕事です。よって、肉体的にも精神的にも追いつめられる状況になってしまう可能性が高いのです。

もちろん、若ければ乗り越えられるというわけではありませんが、体力的な面はやはり若い方がありますし、精神的な面においては、逆に仕事のミスの怖さなどを知っている30代の方が、責任の重さも敏感に感じます。

何も知らない新卒の方が、怖さも知らないため精神的な疲れも少なくてすむケースが多いと言えます。こういったことを踏まえて考えると、公的な病院や大学病院、総合病院では30代で看護師になった看護師の早期退職のリスクが高いとなり、それが年齢制限になっているのです。

専門性が高い職場は採用されにくい

専門性が高い職場、診療科目で言うと脳神経外科、循環器科、透析、美容外科など、配属先で言うとオペ室や救急外来などですね。

専門性が高い職場では、最初の数年は一般的な仕事を覚えて、それから専門的なことを覚えていくことになります。

しかし、30代で看護師になって就職を初めてするケースだと、専門的なことを覚えるタイミングで40代になっている可能性も高くなります。

やはり、新しいことをどんどん覚えていくことを考えると、若い看護師の方がとなりがちです。よって、一般的な看護業務を覚えた上で専門性が高く専門スキルを磨く必要がある職場は、採用されにくくなっています。

30代の看護師が就職を初めてする際に就職先には困らない?

30代の看護師が就職を初めてする際に就職先には困りません。上記では就職先は限定されるケースはあると説明しましたが、限定されたとしてもまだまだ就職先は多数あるためです。

地域密着型の一般病院

公的な病院や大学病院、総合病院などは救急病院として緊急性の高い患者様が毎日のように運ばれてくる環境にあり、その中で仕事に慣れることができにくいということから30代で看護師になった方は採用されにくいと説明しました。

しかし、地域密着型の一般病院であれば、救急の対応もありますがそれ程緊急度が高くないケースが多かったり、件数も少ないため、30代からでも十分に慣れていける環境にあります。

更に、公的な病院や大学病院、総合病院程の研修体制はありませんが、新卒の受け入れも行っているところが多いため、研修体制自体はしっかりとあります。

その上で、ベースとなる研修をマニュアル的にこなしていく環境ではなく、個人個人のペースに合わせた臨機応変な研修体制になっていることも多いです。

こういった点が30代の看護師が初めて就職する際に、望ましい環境と言えるでしょう。

療養型病院や回復期リハビリ病院、慢性期病院

急性期を脱した患者様に対して対応する病院、もしくは病棟です。こういった病院ではもともと看護師の年齢層が高くなる傾向があり、30代でも若い分類に入ってきます。

よって、30代で新卒であったとしても環境的に浮いてしまう、ということはありません。年齢的に若いということで、先輩看護師に教えてもらいやすい、聞きやすい環境にもなっているケースが多いですね。

ただ、研修体制がしっかりとしている病院は少ないです。療養型病院や回復期リハビリ病院、慢性期病院は、ある程度看護師として経験を積み、少しゆったりとした環境で働きたい、と考えるようになった看護師の転職先になっているため、新卒や経験が浅い看護師が少ないためです。

自分でしっかりと分からないことを聞きにいく姿勢があれば問題ありませんが、教えてもらうのを待つ姿勢ではなかなか仕事を覚える、慣れることができないでしょう。

介護施設関係

医療機関ではなく介護施設関係に最初から就職する、というケースもあります。近年では高齢社会が進み、介護施設がどんどん建設されています。

よって、10年前では少なかった新卒からの介護施設、というのがそれ程珍しくなくなってきています。とは言っても、20代の看護師が就職を初めてする際は、やはり医療での経験を積みたいと思うことが多いです。

30代で看護師になった方は、医療に携わりたい、という気持ちよりも安定した収入を得られる看護師という職に就きたい、という気持ちの方が多く、医療での経験云々ではない方も多いです。

更に、30代で看護師になった方は、実習の中で病院での勤務が自分には向いていないんじゃないか、と感じる方も結構います。直感的についていけないと思ったり、血を見たりするのが苦手、と気づいたりすることもあるのです。

そういった時の選択肢に介護施設があります。ただ、介護施設からキャリアをスタートすると、看護師としてのスキルはあまり磨くことはできないため、今後医療機関で勤務したい、と感じた時に年齢も高くなっているためより一層難しくなることが多いです。

今後のことも踏まえてよく考えて選択するようにしましょう。

30代の看護師が就職を初めてする際の注意点

30代の看護師が就職を初めてする際の注意点にはどういったことがあるのでしょうか?

看護師という仕事に対して理解すること

これは当たり前のことではありますが、30代で看護師になった方に案外欠けているケースが多いです。というのも30代で看護師を目指す方は、仕事の内容よりも安定性などを重視して看護師を選択する方が多いためです。

看護師という仕事は当然ながらきつい仕事です。人の命に関わる仕事ですので、精神的な負担は大きいですよね。また、看護師不足の現状では、1日3時間以上の残業が発生している職場も普通にあります。

肉体的にも精神的にもきつい仕事に対して、安定性だけを求めて専門学校に通って看護師免許を取得して就職したとしても、なかなか続けられるものではありません。

看護師という仕事をしっかりと理解した上で、看護師を目指すようにしましょう。

最初はそれ程給与は良くない、我慢が必要

看護師は給与が高いイメージがあるかもしれませんが、30代で看護師になった場合、30代の給与としてはそれ程高いものではないかもしれません。

というのも、30代であっても新卒であれば20代の新卒と同じ給与になってしまうためです。年収で言うと病院であれば400万前半、介護施設などであれば300万半ばくらいになります。

仕事内容の割に安いと感じて不満に思う方もいますが、経験を積むことによって年収もアップしていきますので、まずは新卒として給与面も謙虚に受け止めることが大切です。

プリセプターが10歳以上若いことも

病院で新人研修を行ってもらう中で、プリセプターがつくことが多いですよね。プリセプターは卒後3年くらいの方が多いため、30代で看護師になったのであれば、ざっと10歳程度若い方がプリセプターになる可能性が高いと言えます。

先輩が若い、というのはどの仕事でも珍しいことではありませんが、通常プリセプターの役割というのは、仕事を教えることもありますが、相談役として新卒に近い年齢の看護師の方が良いだろう、という点もあって卒後3年くらいの方が多くなっているという側面があります。

つまり、プリセプターを相談役として活用しにくいケースも多くなり、30代で看護師になった方にとって、研修を乗り越えるのがより困難な環境にあるとも言えるのです。

幅広い歳の方とのコミュニケーションが容易に取れるといった能力がより必要になるかもしれません。

まとめ

30代の看護師が就職を初めてする際の就職先のいろいろや、注意点にはどういったことがあるのか、といったことについてまとめましたが、いかがでしたか?

看護師不足は現状もまだまだ改善されていませんし、今後も改善されるとは考えにくい状況はあります。よって、看護師であれば仕事に困ることはない、とも言えますが、とは言っても30代で看護師になった方には、職場選択の中でいくらかの制限が生じてくるのは事実です。

公的な病院や大学病院、総合病院などは年齢制限に引っかかることが多いですし、専門性が高い職場に関しては、30代から看護師の基本スキルを身につけて専門分野も覚えて、となるとなかなか厳しいと判断され不採用になることも少なくありません。

逆に地域密着型の病院、療養型病院や回復期リハビリ病院、慢性期病院などは30代で看護師になった方でも受け入れ可能なケースが多くなっています。

現在の高齢社会の状況であれば、いきなり介護施設に勤務することもできないことはありません。

よって、30代で看護師になった方も十分に仕事があると言えますが、看護師という仕事をしっかりと把握していない、給与がもっと高いと思っていた、年下の方に仕事を教えてもらうのが難しい、となってくると仕事が続かなくなる可能性が高くなります。

こういったことについては誰かが教えてくれる、というわけではありませんが、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用すれば、実際のところをしっかりと教えてくれます。

その中で現実に沿ってお仕事を探すことができるようになります。看護師としてどのように仕事をしていきたいか迷った際には、転職コンサルタントに相談してみると良いでしょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る