30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師の年収額とその内訳を知りたい!

30代の看護師の年収額とその内訳はどのようになっているのでしょうか?20代の時はあまり違いがなかったとしても、30代になると年収額にも開きが出てきます。その辺りも含めて説明します。

30代の看護師の年収は転職していないとぐっと上がる?

30代の看護師の年収は20代で転職をしていなくて、1箇所でずっと勤務している時に、年収がぐっと上がることがあります。

特に大学病院や国公立病院などは、20代の年収はそれ程高くないことが多いですが、30代に入ると一気に年収が跳ね上がることがあります。

これは、役職に就く看護師が増えるためです。副主任や主任、副師長や師長、副部長や看護部長といった感じの役職の階段を登り始めるのが30代と言えるためです。

そして、役職が就くと当然ながら年収もアップします。一概に金額は言えませんが、主任で年収500万以上にはなってくることが多いです。

また、役職に就かなくても、30代の看護師がずっと勤務してきたのであれば、大学病院や国立病院は給与の面で大分ベースアップが望めます。

こういったことから30代の看護師は、転職を行っていないと高年収になる傾向があると言えます。ただ、地域密着型病院などは何年経っても全く昇給がない職場もありますので注意が必要です。

30代の看護師の年収はいくら以上だと御の字?

30代の看護師の年収はいくら以上だと御の字と言えるのでしょうか?30代の看護師の年収と言っても、夜勤がある場合とない場合で、大きく異なってきます。

まず、夜勤がない場合であれば、年収400万以上が1つの目安ですね。もちろん、訪問看護であれば年収500万以上も可能性はありますし、クリニックだと年収350万くらいが多いと思います。

しかし、日勤のみの職場で30代の看護師、経験が10年以上に差し掛かるとしてですが、年収で400万はないとどうしても安いと感じてしまうでしょう。

実際に転職する際には、年収350万であってもクリニックだから仕方ないと思って割り切って転職したが、勤務し始めて数ヶ月経つと、給料が安いような気がしてくるというケースがあります。

これは様々な要因がありますが、勤務する中で仕事内容や人間関係に不満が出てきた時に、同時に年収や給料にも目がいくようになります。

そして、求人をいろいろと見ていると、年収400万以上の日勤のみの求人もあるため、気持ちが揺れてしまうのです。そうならないラインがやはり年収400万と言えますね。

そして、夜勤がある場合は年収500万以上がラインですね。もちろん、夜勤の回数などにもよりますが、月の夜勤回数が4〜5回で年収500万が御の字ラインと言えます。

看護師としての経験が10年を超えてくると、経験加算がどれだけついているかで年収も数十万単位で変わってきます。

つまり、新卒の場合の年収が450万とした場合に、30代で550万の方もいれば、470万くらいの方もいます。

ただ、経験加算が1年で3,000円と考えると、ボーナスが3ヶ月分として考えると年間での昇給額が45,000円です。

これが10年で45万円、つまり、新卒で年収450万であると、約500万になるわけです。これを1つの目安として覚えておくと良いでしょう。

30代の看護師は年収を求めてなくても意識する?

30代の看護師は年収を求めている方とそれ程求めていない方がいます。年収が高い職場を探しまわっている看護師もいれば、年収よりも仕事内容や勤務条件を優先する看護師もいるということです。

しかし、年収を求めていない看護師でも、年収がいくらでも構わないというわけではありません。仮に生活するにおいては問題ないという金額であったとしても、年収に関しては意識するものがあるのです。

というのも、20代前半で看護師免許を取得して経験10年程度になっている看護師は、それだけの経験を積んできているという自負があるためです。いわゆるプライドですね。

年収というのは自分自身に対する価値とも捉えることができます。思っていたよりも安いと、自分が今まで頑張ってきた評価がこれだけなのか、という感じになってしまいます。

30代の看護師が条件面などを優先する場合でも、最低限自分自身に対する評価額としてこれ以上は提示して欲しい、という金額は設定しておいた方が良いですね。

まとめ

30代の看護師の年収について説明しましたが、いかがでしたか?

今回は高校を卒業後ストレートで看護師免許を取得した30代の看護師、つまり経験年数が約10年以上になっている看護師に焦点を合わせて説明してきました。

看護師にとって30代は、年収が大きく開いていく分かれ道と言えます。年収をどんどんアップさせていく看護師もいますし、逆に年収を下げてでも勤務条件面や仕事内容を重要視する看護師もいます。

しかし、年収というのは生活するために必要な収入というだけでなく、あなた自身に対する求人先の評価額という捉え方もできます。

つまり、あなたが思っているあなたの評価額と、求人先が思っているあなたの評価額がある程度一致していることが重要なのです。

ただ、求人票の給料提示はざっとした目安でしかなく、あなたに対してのものではありません。ある程度あなたの経験に対してどれくらいの評価額なのか、面接前に知りたいですよね。

そういったことが、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用すると、可能になります。面接前に匿名のスキルシートを用いて、あなたのスキルを求人先に提示した上で給料提示を頂きますので、信憑性の高いものになります。

無駄な面接を防ぐためにも、転職コンサルタントを上手く利用していきましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る