30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場を検証

30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場にはどういったところがあるのでしょうか?20代で新卒の場合とはまた違った職場になる可能性が高いですよね。違いも比較しながら検証したいと思います。

30代の看護師が新卒からスタートしやすい研修体制とは?

30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場を検証する前に、30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場には研修体制の充実があります。

しかし、20代の看護師が新卒からスタートしやすい職場の研修体制と30代のそれは、違ったものになっています。

20代の場合は、研修体制の充実というとプログラムがしっかりとしていて、病院全体を挙げてのカリキュラムがある職場が、研修体制のしっかりとした職場となります。

例えば、大学病院や公的病院、総合病院などがこういった研修体制が整っていている職場であるケースが多いです。規模が大きいほどカリキュラムをしっかりとして、計画的に新卒の看護師が育っていく体制が必要となるためです。

しかし、30代の看護師が新卒からスタートする場合、こういったカリキュラムを20代の新卒の看護師と同じようにこなしていく場合、どうしても遅れてしまいがちになります。

仕事を覚えていくスピードでは、20代の方が早いケースが多いのです。また、体力面においても20代の方がありますので、忙しい職場でヘトヘトになった後で、レポートなどを書いたりすることも、20代でないとなかなかできないというケースもあります。

こういったことを考えると、30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場は、少しゆったりとした地域密着型の急性期病院が良いのかもしれません。

地域密着型の急性期病院は、新卒の受け入れもしていますので研修体制もありますが、一般的には大学病院や公的病院、総合病院と比べるとカリキュラムなどがあまりなく、どちらかと言うと個人個人に合わせた研修体制になっていることが多いです。

それが30代の看護師が新卒からスタートしやすいことに繋がっているとも言えます。30代の新卒の看護師は、自分のペースで仕事を覚えていくことができる環境が大切なのです。

しっかりとした研修体制がある職場を求める新卒の看護師は多いですが、20代と30代で違いがあることを知っておきましょう。

30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場は地域密着型の急性期病院だけ?

30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場として、上記でも挙げていますが地域密着型の急性期病院があります。

地域密着型の急性期病院についてもう少し詳しく説明していきたいと思いますが、実はそれ以外にも30代の看護師が新卒からスタートしやすい職場があります。

そういったものも紹介し、30代の看護師が新卒からスタートする際の幅を広げていきたいと思います。

地域密着型の急性期病院

20代の看護師の新卒も受け入れている、200床前後の急性期病院のことです。20代の新卒の看護師が選択することもありますが、20代にはそれ程人気が高いわけではなく、受け入れ人数で言っても、10名未満になっています。

しかし、上記でも説明しているように30代の新卒の看護師にとっては、自分のペースで仕事を覚えることができる環境になっていることが多い地域密着型の急性期病院が、仕事に慣れやすいと言えます。

研修体制がそれなりにあって急性期の勉強ができる環境、ということで30代で新卒の看護師にとってベストな選択肢と言える可能性が高いです。

地域密着型の療養型病院

基本的に新卒採用が少ない職場ではありますが、30代の新卒の看護師が選択することが比較的多い職場として、地域密着型の療養型病院があります。

療養型病院は30代以降の看護師が急性期よりももっとゆったりとした環境で仕事がしたい、患者様とじっくりと関わりたいといった方が選択する職場になっています。

よって、研修体制もしっかりとしたものはありませんし、実際に20代の新卒の看護師が選択することも少ないです。

しかし、30代の新卒の看護師は、そもそも急性期でバリバリの医療現場でスキルを身につけたい、という志を持った方が少ない傾向にあります。どちらかと言うと、じっくりと患者様と関わることができる職場で勤務することを目指しているのです。

そうなってくると、地域密着型の療養型病院も選択肢に入ってきます。充実した研修体制はありませんので、分からないことを聞きながら仕事を覚えることになりますが、そういった環境でも社会人経験があれば何とかなるものです。

この点が20代で社会人経験が全くない新卒との違いですね。30代の場合は看護師としては新卒であっても、社会人としてのキャリアがある方は多いですから。

よって、地域密着型の療養型病院も30代の新卒の看護師の選択肢の1つになるのです。

介護施設関係などの介護現場

こういった職場も基本的に看護師としてのキャリアを積んでから希望する看護師が多いですが、30代で新卒の看護師はいきなり希望するケースもあります。

これは、医療よりも介護の方に興味があるという方が結構多いためです。ではなぜ介護の学校ではなく看護師の学校に通ったのでしょうか?

これは、やはり給与面の違いが大きいですね。年収で言うと150万くらいの違いがあります。よって、看護学校の方が学費が高くても数年でペイできるのです。

よって、新卒から介護施設関係に就職し、先輩看護師に教えてもらいながら業務を行っていくことになります。

こういった看護師の採用は介護施設側も慎重になるケースも当然あります。看護師としての経験が全くないため、利用者様の体調面の変化など、察知することができるようになるまで、かなりの時間を有してしまうのではないか、という懸念もあるためです。

しかし、メリットもあります。介護施設関係で看護師が長く勤務する際に大切なことの1つとして、介護職との人間関係があります。単刀直入に言うと、介護職から指示を受けるのが嫌という看護師がいるのです。

これは、看護師のプライドが許さないといったことになります。病院では明らかに看護師の方が上位になるため、介護施設での均等な立場というのが我慢できないのです。

こういったことが病院で勤務したことがない新卒の看護師であれば、ないと言えます。そして、30代であれば自分で聞いて仕事を覚えていくことができる方も多く、採用してみる価値があると思ってもらえることがあります。

よって、30代の新卒の看護師がスタートする職場として、介護施設関係も候補の1つになるのです。

30代の看護師が新卒からスタートするのが難しい職場

30代の看護師が新卒からスタートするのが難しい職場にはどういったものがあるのでしょうか?

大学病院や公的病院、総合病院

これは上記でも触れていますが、20代の新卒の看護師は一般的にはこういった大規模な病院でしっかりとした研修体制のもと仕事を覚えてキャリアを積んでいくケースが多いです。

もちろん、30代の新卒の看護師も同じようにキャリアを積んでいくこともできますが、体力面やスピード面においてついていけなくなってしまうことがあります。

特に30代で新卒の看護師は家庭がある場合もありますよね。家に帰って子育てをしながらレポートを仕上げるなど、至難の業ですよね。

よって、かなりの覚悟が必要という意味合いで、難しい職場と言えるでしょう。

クリニック

クリニックはもともと新卒の採用をほとんど行っていないことが多く、30代だからというわけではありません。しかし、20代の新卒は採用しているが30代の新卒は採用していない、というケースもないわけではありません。

例えば、美容クリニックなどが該当します。美容クリニックの中で大手に関しては新卒の採用もしているケースがあります。しかし、基本的に即戦力を求める傾向が強いため、30代でわざわざ新卒を取るということはありません。

20代なら経験がなくても構わないけど、という言葉はこういったケースに該当しています。

専門病院

専門病院での勤務の場合は、まずは基本的な看護スキルは必須になってきます。例えば、緩和ケアであれば、急性期の病棟経験が5年程度はないと、患者様に対する対応ができないと判断されてしまいます。

患者様の様々な不安や悩みを受け止めるためには、それなりの経験が必要なのです。また、他の分野でも、看護師としての基本スキルが問題ない前提のもとで、専門的なスキルを学んでいくケースが多いです。

つまり、看護師としての基本的なスキルはないと採用されません。よって、このケースは30代限定とは言えませんが、新卒で採用されにくい、難しい職場と言えるでしょう。

まとめ

30代の看護師が新卒からスタートする場合の研修体制、及び勤務をスタートしやすい職場やしにくい職場を説明してきましたが、いかがでしたか?

研修体制が充実した職場に越したことはありませんが、20代の新卒の看護師にとってベストな研修体制とは異なってくる方が多いです。

研修体制がカリキュラムとしてしっかりとしている職場よりも、個別に調整をしながら研修メニューを考えてもらえるところの方が、30代の新卒の看護師にとっては、仕事を覚えやすい環境と言えるでしょう。

また、30代の新卒の看護師が勤務をスタートしやすい職場として、地域密着型の急性期病院や療養型病院、介護施設関係を挙げました。

20代の新卒の看護師であれば、逆にスタートしにくい職場と言える地域密着型の療養型病院や介護施設関係も、30代であれば今までの社会人経験を活かして、乗り越えていくことができるのです。

そして、スタートしにくい職場としては、大学病院や公的病院、総合病院などの大規模病院やクリニック、専門病院などを挙げました。

体力面などを含めてついていけるかどうかといった部分や、即戦力や看護師としての基礎が出来上がっていることが条件となってくる職場は、30代の新卒には特に難しいと言えるでしょう。

こういったことを踏まえて就職先を探すことが必要になるのですが、最近では看護師転職支援サイトに登録し、仕事を探してもらう新卒の看護師も増えてきています。

特に30代の新卒の看護師になると、30代でも無理なく仕事を覚えていける環境がある職場かどうかなど、慎重に情報を把握して選択したいですよね。そういった情報も看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは持っていることが多いです。

就職活動を成功させるためには、やはり情報が重要になってきます。こういったサービスを有効活用して、自分に合った就職先を探しましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る