30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代で職歴なしで看護師になれるの?

30代で職歴なしで看護師になることはできるのでしょうか?看護師は資格が必要ですので、簡単になれるわけではありませんが、30代で職歴なしの方が将来を考えて看護師に、という考えが頭に浮かぶ方も結構います。そう思う理由から実際になれるのかを説明します。

30代で職歴なしで看護師になろうと考える理由

30代で職歴なしで看護師になろうと考える理由はどういったことなのでしょうか?

30代で職歴なしの状態からの仕事はほとんどない、看護師なら・・・

30代で職歴がない方の多くは、早くに結婚して家庭に入った方です。つまり、女性がほとんどです。そして結婚後出産し、子供がある程度大きくなって時間にゆとりができる、でも金銭的な面でいろいろと物入りになってくる、というのが30代です。

そうなってくると、時間が余るようになってきますので、何か仕事をして家計の足しにしないと、と考えるようになるのですが、30代で職歴なしの状態で採用してもらえる職場がなかなか見つからないのが実情です。

そういった時に求人広告などで頻繁に見かけるものとして、看護師の求人があります。未経験歓迎、ブランクOKなどどういった状態であっても看護師の免許があれば採用しますよ、みたいに取れる文言が多く記載されています。

資格があれば30代で職歴なしの私でも簡単に採用してもらえるかも、と思うことで、看護師になろうと真剣に考えるようになるのです。

時給が高い

看護師の求人広告を見ていると、時給が一般的なパートのお仕事、例えばスーパーのレジなどと比べた時に、倍くらいの時給になっています。

看護師免許を取得しようと思うと、看護学校に通わなくてはいけないため、結構なお金がかかります。家計を助けたいと考えている中で、高額な学費を払って学校に通うというのは、かなりハードルが高いものになりますが、この時給を見れば数年で学費分はペイできると思えるのです。

求人が多く採用されやすい上に時給も高く簡単に稼ぐことができる、そう思えることで看護師になろうと考えるのです。

介護経験などが看護師の仕事をより身近に感じさせるものになる

30代になると両親、義両親の介護などを行うといった経験をしている方も増えてきます。介護経験をすると、看護師や介護職の方と接する機会も多くなり、病院や施設が身近なものになってきます。

そして、介護職や看護師に興味を持つようになる方もいます。最初は介護職の方がハードルが低いため、例えばヘルパーの資格を考える方が多いですが、時給などを考えるとやはり看護師になる方が、と思うようになるのです。

やはり看護師と接する機会が増え、いろいろと相談することなどがあると、看護師という仕事に憧れを持つようになることもあります。私も人の役に立ちたいと考えて真剣に看護師になろうと思うようになるのです。

同じような状態から看護師になった人の情報を目にして

最近ではブログなどでいろいろな個人の情報を見ることができるようになっていますが、その中に30代で職歴なしから看護師になったという方のブログも結構あります。

ブログは女性の主婦層に人気が高いため、看護学校に行き始めた、看護学校でこんなことをしている、卒業してこういった職場で頑張っている、など同じように30代で職歴なしの専業主婦の方が看護師になって頑張っているブログが沢山あります。

そういったものを見ていると、自分もできるのではないか、というふうに感じることができるようになります。ちょっと背中を押してくれる感じですね。

その結果として真剣に看護学校に通うことを考え、行動に移すことができるのです。

30代で職歴なしで看護師になって成功する職場

30代で職歴なしで看護師になって成功する職場にはどういったところがあるのでしょうか?

看護師が20代で新卒という場合は、大学病院や公的病院、総合病院といった大規模な病院でしっかりとした研修体制のもとで看護スキルを磨いていくのが良いと言われています。

実際に新卒の看護師が選択する職場もそういったところが多いですね。しかし、30代で職歴なしで看護師になった方が最初に選択する職場は、大規模な病院よりも地域密着型の中小病院の方が良い場合が多いです。

これは単純に仕事についていくことが出来るかどうか、といった部分が大きいですね。看護学校出たての20代で職歴なしも30代で職歴なしも、同じ新卒には違いありません。

しかし、20代の方がどうしても体力があり、少々の無理もききます。残業が多くなったとしても、夜勤時に仮眠や休憩が全く取れなかったとしても、何とか仕事についていくことができるものです。

もちろん、20代でも耐えられなくて早期退職するケースも少なくありませんが、30代となると採用側が敬遠してしまう傾向にあります。

また、地域密着型の中小病院の方が、1人1人に合わせた研修体制を行っているケースが多く、逆に30代で職歴なしの看護師は自分に合った研修体制でゆっくりと仕事を覚えることができ、無理なく1人前の看護師になれる傾向にあります。

もちろん、大学病院や公的病院、総合病院の方が研修体制はしっかりとしているのですが、新卒が多いため一斉にカリキュラムに合わせて研修をしていくことになり、ついていくことができないと落ちこぼれてしまうことがあります。

30代の職歴なしの看護師が必ずそうなるわけではありませんが、やはり覚えるスピードでは20代には勝てないことが多いです。

その辺りを自覚し、自分のペースで仕事を覚えることができる病院を選択するようにしましょう。

30代で職歴なしで看護師になった場合に気をつけること

30代で職歴なしで看護師になった場合に気をつけることには、どういったことがあるのでしょうか?

看護師としての将来像をしっかりと描いて就職すること

看護師は30代で職歴なしでも、資格を取得すれば仕事はあります。看護学校もそれ程難しいテストがあるわけではありませんので、それなりに勉強すれば入学することができます。もちろん、金銭的な部分は必要になりますが。

ただ、30代からとなった場合には、20代で看護師になった方と比べて10年の違いがあります。この20代の10年というのは、経験したことを吸収する能力も高い時期ですので、大きな違いがあることは認識しておく必要があります。

その上で、自分自身の看護師としての将来像をしっかりと考えて、就職することが大切です。20代で看護師になった方は、あまり深く考えずに転職を繰り返す方がいますが、30代で看護師になった方がそれをすると、最悪のケースとして転職先がなかなか見つからないといった状況にも成りかねません。

30代からという点を負い目に感じる必要はありませんが、ハンデはあるということは認識し、きちんとキャリアプランを考えて行動するようにしましょう。

家族の理解を得ること

看護師という仕事は残業も多く夜勤もあって不規則な生活になりがちな仕事です。看護師を目指すことにした時に、ある程度家族から了承を得ていると思いますが、それだけでは十分でないケースが多いです。

看護学校を卒業して就職する際には、しっかりと家族と話し合って就職先を決定するようにしましょう。

30代となると子供がある程度大きくなっているケースも多いと思いますが、それでも小学生くらいが多いですよね。まだまだ全く手がかからないという状態ではありませんし、旦那さんの要望ももちろんあると思います。

例えば夕ご飯の支度ができる時間帯には仕事を終えて欲しい、土日のどちらかはせめて休みが取れる職場にして欲しいなどです。

こういった部分をしっかりと押さえていかないと、就職後に家族からの不満が出てきて、結局仕事を続けることができなくなってしまうことがあります。

まとめ

30代で職歴なしで看護師になれるのかどうか、そしてなった時にどういった職場であれば成功しやすいか、どういったことに注意すると良いかを説明してきましたが、いかがでしたか?

30代で職歴なしだとなかなか仕事がない、そしてあったとしても時給が安いといったことから、看護師になろうと思い立つ方が多いです。

また、看護学校に行くのは30代でも全く問題なく、資格があれば仕事ができるという認識になるため、30代で職歴なしの方が看護師を目指すことになるのです。

しかし、20代で看護師になるのとはやはり勝手が違うことがあり、その最も大きな違いが成功するために選ぶ職場です。

20代で看護師になる方は、まずは大学病院や公的病院、総合病院などの大規模病院を選択しますが、30代で看護師になる方は地域密着型の中小病院を選択する方が良いケースが多いです。

これは仕事についていくことが出来やすい、自分のペースで仕事を覚えることが理由として挙げられます。

そして、30代で職歴なしで看護師になった方は、20代で看護師になった方よりも約10年遅くから看護師のキャリアをスタートすることになるため、よりキャリアについてしっかりと考えて就職先を選択することが大切になります。

また、家族の理解もしっかりと得ながら、無理のない職場を選択することも大切なことと言えるでしょう。

つまり、30代で職歴なしで看護師になった方は、より多くの情報のもと、慎重に職場を選択することが大切なのです。

そのサポートをしてくれるのが、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントです。様々な職場の特徴などを聞きながら、自分に最も適した職場を選択するようにしましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る