30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師で独身の働き方ってどうなの?

30代の看護師で独身の働き方は20代の時と比べて、何か変化はあるものなのでしょうか?また、30代は既婚者と未婚者で働き方が大きく変わってきます。その辺りも詳しく説明します。

30代の看護師の独身はより高単価を求めた働き方に?

30代の看護師が独身の場合は、より高単価を求めた働き方を考えるようになっていきます。ここで言う高単価というのは、自分自身の仕事に対する報酬の単価になります。

これは、ただ単に時給いくらというものではなく、自分自身が任された仕事の役割に対して、給料が割りに合っているのかどうなのか、といった感じです。

つまり、仕事量と仕事の質、そして勤務時間の長さと給料といった総合的なバランスでみていくのです。ここに休みが多い、取りやすい、残業時間なども加わって総合的に判断していくことになります。

そして、上記で説明したような内容がどれだけ満たされているかで、就職先を決定していくのです。

これは、高収入を求めてというわけではなく、自分自身の看護師としての仕事が高単価になっているかどうかが大切、ということになります。

30代で独身の看護師となると、それだけ仕事に一生懸命取り組んできている方が多く、自分自身の仕事に対する職場の評価が気になります。

職場の評価として最も分かりやすいのが給料ですよね。そして、給料の額だけでなく仕事内容や休日、残業などを全て含めて、割りに合った給料なのかどうなのかを判断していきます。

シビアに感じる部分もありますが、それだけプライドを持って看護師としての仕事をしているとも言えます。

30代の看護師が独身の場合、キャリアを追求するケースが多い?

30代の看護師が独身の場合、上記のように高単価な働き方を求めるケースも多いですが、もう1つあるのがキャリアを追求する働き方です。

キャリアと言ってもいろいろとありますので、簡単にまとめてみますね。

専門的な看護スキルを身につける

近年の傾向として、看護師も専門性が大切と言われています。専門看護師や認定看護師ができたのも、看護師の専門性を重要視する傾向になってきたからです。

例えば、脳神経外科、循環器科、消化器科などの診療科目を専門的に学んでいき、その中でスキルアップに役立つ資格を取得していきます。呼吸療法認定士や摂食嚥下リハビリテーション認定士などがありますね。

他にも数多くの様々な医療系の資格があり、各々の診療科目によって必要性が高いと感じるものを勉強していきます。

もう1つのパターンは部署自体が専門性が高いというものです。例えば、救急外来や透析室、オペ室、内視鏡室などです。

こういった分野においても、専門性をしっかりと勉強していく中で必要性を感じた資格を取得していく看護師も多いです。

勉強することは既婚、未婚どちらでもできますが、やはり独学だけでなくて講習を受けにいったり試験を受けたりする必要がある場合、なかなか既婚者の場合は難しいのです。

看護師の仕事自体長時間勤務になりやすい上に、それ以外の勉強時間を設けたい、というのが家族に受け入れられるか、ということです。

こういったキャリア志向の看護師は、やはり30代独身であることが多いですね。

給料アップに繋がるキャリアを身につける

給料アップに着眼点を置き、キャリアアップを考えている看護師もいます。給料に関しては同じ診療科目であっても病院によって全く異なっていることも少なくありません。

やはり急性期色が強く、救急患者様などが多く運ばれてくる病院の方が給料が高くなる傾向にあります。更には、脳神経外科や循環器科などのより緊急性が高いケースの多い職場では、高収入になっているケースが多くなります。

つまり、給料アップを目指して、そういった職場に転職するということですね。その分仕事は大変になりますが、給料アップに繋がっていればそれで満足します。

30代で独身となると、やはり今後の将来的なことも考えるようになってきます。生涯1人で生活していくことを真剣に考えている看護師にとっては、やはり収入面を高水準で安定させることが重要となるのです。

管理職などの役職を狙う

30代で独身の看護師は、現場ではなく将来的に役職を考えている方も少なくありません。30代であれば、まだまだ主任クラスが多いと思いますが、30代に役職としてどういった成果を残してきたかによって、その後の役職が変わってきます。

よって、看護協会のマネジメント研修など外部の研修も積極的に受け、常に向上していく気持ちが大切となります。

また、30代独身となると40代、50代のことも考えるようになり、ずっと看護師の仕事を続けていく覚悟を持つことになることが多いです。

そして、看護師の仕事を続けていくという覚悟を決めると、今度は今後の働き方についても考えるようになります。

そうなると、40代以降で夜勤であったりを行っていくのは自分自身の体力的にきついのではないか、と考えます。

しかし、夜勤がない職場に転職すると、今度は収入面において不満を感じることも多くなります。というのも、看護師の給料の中で夜勤手当がかなり大きな額になっているためです。

具体的な金額で言うと、月4回夜勤をこなしたとして月6万以上ですね。この給料を日勤のみで補うことができる職場を探そうと思ってもなかなか出てきません。

よって、管理職というキャリアを選択する看護師もいるのです。もちろん、管理職は管理職でマネジメントなど難しい部分が多々ありますが、体力的な面での負担は交代勤務をする現場より楽、といった認識になるのです。

30代の看護師が独身の場合に既婚者と違う点は?

30代の看護師が独身の場合に、既婚者と違う点はどういったことがあるのでしょうか?

自分の収入で暮らしていかないといけない

やはりこの点が最も大きくなります。既婚者は旦那さんが稼ぐお金がありますので。自分の収入で生活しようと思っていないケースが多いです。

よって、趣味というわけではありませんが、既婚者の場合はあまり収入面のことを考えず、看護師として自分がやりたい仕事をすれば良いと言えます。

働き方を自分1人で決めることができる

30代で独身の看護師は、自分の働き方をいろいろと周りに相談することはあるかもしれませんが、決断においては自分の意志で行うことができます。

しかし、既婚者になるとそうはいきません。旦那さんとも働き方の相談が必要ですし、子供がどうして欲しいか、もしくはどこまでだったら我慢することができるか、など考えていく必要があります。

キャリアを追求することができる

30代で独身の看護師は、残業時間やお休みなどは度外視しキャリアを追求することができます。もちろん、高単価で働きたいという看護師もいますが、必ずしもそうでなくてはいけないというわけではありません。

キャリアを追求するためには、忙しくバタバタと働くことになる職場を選択した方が良いというケースもあります。特に手術などの症例数が必要なキャリアであれば尚更です。

こういったことは、既婚者の場合なかなか難しいものがあります。やはり残業時間や休日などを重視していかないと家庭との両立が難しいため、キャリアを追求する姿勢を持つことは難しいと言えます。

まとめ

30代の看護師で独身の働き方ってどうなのか、いろいろな角度からみていきましたが、いかがでしたか?

30代になってくると看護師としての経験も10年以上になってくる方が多くなり、それなりにプライドが高くなります。その結果として、高単価な働き方を求める傾向にあります。

ただ、必ずしもそうではなくもう1つ多いのはキャリア志向ですね。専門分野を追求したり将来的な給料アップに繋がるスキルを身につけたり、管理職を目指したりします。

そして、30代の既婚者の看護師と比較すると、やはり独身だからこそできる部分が多々あることが分かります。よって、30代の独身の看護師は、多くの選択肢を持っていることになります。

ただ、選択肢が多いということは、自分自身の今後の看護師としての働き方をしっかりと考えていかないと、こんなはずではなかったといった転職を繰り返してしまう可能性が高くなります。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用し、まずは自分自身の今後の働き方を一緒に考え、それからじっくりと腰を据えて仕事を探すようにしましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る