30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代で子持ちの看護師に最適な職場は?

30代で子持ちの看護師は数多く存在しています。その中で生活環境の違いによって最適な職場が違ってきますよね。様々なケースによる最適な職場を検証していきたいと思います。

30代で子持ちの看護師が扶養範囲内で働きたい場合

30代で子持ちの看護師が扶養範囲内で働きたいと考えているケースは多いです。30代となるともちろん結婚、出産時期によって子供の年齢は異なりますが、大体幼稚園〜小学生が多いですよね。

となると、まだまだ正社員としてフルタイムで仕事をするのは難しい、ましてや病院で交代勤務をするなんて到底無理、といったことも多いです。

もちろん、選択肢として院内託児所、24時間保育や病児保育対応しているとこともありますので、そういったところを利用して交代勤務をするという選択肢もありますが、これにはシングルマザーであったり、正社員で働きたいという気持ちが非常に強い方しか選択しません。

というのも、院内託児所は本当に子供を預かるだけの環境が多く、子供のことを考えるとベストな選択に思えないケースが多いためです。こういったことから、外部の預け先を優先的に考えるため、フルタイムでの仕事ができないとなるのです。

フルタイムで仕事ができないとなると、どういった働き方を希望することになるかというと、例えば午前中のみであるとか、14時までの勤務などになってきます。

つまり、短時間の勤務となりますので、収入面においてもせいぜい月15万程度までになります。例を挙げると、1日4時間時給1,700円で週5日勤務(月21日)で計算すると14万2,800円、やはり15万弱程度です。

しかし、こういった金額になると、扶養範囲内で勤務する方が結果的にお得になります。年収103万というのは看護師の時給を考えるとなかなか難しいですが、年収130万という保険の扶養範囲内であれば可能性はあります。

そういった働き方に向いているのが、クリニックの午前診、もしくは病院の外来、デイサービスになります。

クリニックの外来は大体3〜4時間勤務となりますので、週3〜4日程度であれば勤務できます。勤務時間的に同じように扶養範囲内で勤務したいという看護師が集まりやすい職場と言えますので、数名で午前診をシェアするといったイメージを持つと良いかもしれません。

しかし、注意が必要なのがクリニックでは看護師の数が少なく、子供が急に病気になった時などに休みにくいという難点があります。

また、面接時にも子供が病気になった時の対応について、面接官から質問を受けるケースも多く、両親と同居、もしくは何かしらのバックアップ体制がないと採用に至らないこともあります。

そうなってくると、病院の外来の方が現実味があると言えます。病院の外来であれば、看護師の数がそれなりに揃っていますので、急なお休みももらいやすい傾向にあります。

ただ、病院の外来は人気が高いため、求人の空きがなかなかありません。

そこで最近増えているのが、デイサービスでの勤務です。デイサービスの場合は勤務時間は若干伸びて15時まで、時間で言うと5〜6時間程度の勤務になることが多いですが、勤務日数の融通が利きやすいというメリットがあります。

よって、1日の勤務時間を少し長めにして勤務日数を週2〜3日程度にしたいという方にお勧めです。デイサービスは近年の急激な高齢社会化で数が増えているため、求人も増えている傾向にあります。

しかし、デイサービスでの勤務を選択した場合、デイサービスでの勤務期間は医療現場から見るとブランク扱いになってしまうことが多いです。

というのも、デイサービスでは医療行為を行うことがないため、例えば採血、点滴、注射などに関してはその間全く行わないことになります。

いずれ病院やクリニックで正社員として勤務したいと考えているのであれば、デイサービスを選択するのは慎重に考えた方が良いかもしれません。

このように各々メリット・デメリットがありますので、現状や将来のことを考えて選択していきましょう。

30代で子持ちの看護師が正社員として働きたい場合

30代で子持ちの看護師が正社員として働きたい場合は、どういった職場があるのでしょうか?まずは子供を見てくれる人が同居している、近くにいるかどうかで大きく変わってきます。

また、旦那さんの理解がどこまであるかによって大きく違ってくる部分もあります。看護師が正社員で勤務するとなると、やはり夜勤や土日祝の勤務がネックとなってくるケースが多いため、その点をクリアできる職場を探す必要があります。

病院の外来やクリニック

やはり最初に挙がってくるのは病院の外来やクリニックです。各々日曜日と祝日は休みで、夜勤もないところがほとんどです。よって正社員での勤務を希望する子持ち30代の看護師が最も希望する職場となります。

しかし、パートであれば問題は少ないですが、正社員となると夜診帯の勤務がネックとなるケースがあります。夜診帯の勤務は大体20時くらいまではありますので、子供を見てもらえる環境がないと難しいのです。

よって、親と同居していたり近くに親族がいるという看護師が希望することが多いですね。

施設関係

施設というとざっとした言い方になりますが、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどが多いです。老人保健施設もありますが、夜勤が発生する場合が多いため、ここでは省きます。

特別養護老人ホームや有料老人ホームは、夜勤はありませんし勤務時間も遅くとも19時までのところが多く、時間的には勤務しやすい環境になっています。

しかし、土日祝関係なくシフト制になっているため、子供が小学生高学年になっていたりするのであれば問題ありませんが、そうでない場合はやはり土日祝に子供を見てくれる環境が必要です。

また、仕事内容としても施設関係は医療行為が少ないという点がネックになってくることも多いです。やはり看護師として仕事をする上で、医療行為に携わっていたいと思うものです。

そういった部分に拘りがなく、高齢者に接するのが好きな看護師には良い職場と言えるでしょう。

通所系の施設

デイサービスやデイケアなどのことですね。通所施設に関しては入所施設と違って高齢者が通いになるため、定休日が存在していることが多いです。それが日曜日ですね。

また、遅くとも18時までの勤務になっていることが多く、子育てとの両立がしやすい職場と言えます。

ただ、やはりネックになるのは医療行為が殆どないことですね。割り切って子供が大きくなるまではといった感じで仕事が出来れば問題ないですが、30代の看護師からすると少し物足りなく感じることが多いようです。

訪問看護などの在宅訪問サービス

看護業務に携わりながら日勤のみ、尚且つ18時くらいまでの勤務時間で日曜日は休みといった職場となると、訪問看護が一番でしょう。

訪問看護は在宅訪問サービスとなるため、在宅に訪問するのが苦手な方は難しいですが、時間が決まっているため残業が少ないという特徴もあります。

しかし、一点難点になるのがオンコール、いわゆる電話当番です。どうしても正社員となると月の中で1週間程度電話を持って夜間や日曜日の電話対応をしなくてはいけません。

子供の手がかかる状態であるとなかなか難しいですよね。よって、子供が小学生高学年になってから選択する看護師が多いですね。

30代で子持ちの看護師が仕事をする上で大切なこと

30代で子持ちの看護師が仕事をする上で大切なことは、どういったことでしょうか?上記では30代で子持ちの看護師が最も選択することが多い、扶養範囲内の場合と正社員の場合の職場を挙げましたが、やはり完璧な職場はなかなか難しいのが実情です。

つまり、どうにかして子育てを協力してもらえる方を確保する、もしくはサービスを利用することが大切になってきます。

実家の近くで暮らすという選択をする看護師も多いですし、同じようにママさんナースとして仕事をしている友人同士で、お互いの子供を当番制で預かるといった仕組みを構築している看護師もいます。

また、保育園でも24時間保育対応であったり、病児保育対応のところを選択している看護師もいますね。院内託児所なども選択肢の1つとしては存在します。

もちろん、子供にとっても負担にならないように仕事をすることも大切になってきますので、預かり先の確保ばかりを考えてしまうのはよくありません。

子供の年齢によっては、預かってもらうのではなく留守番をしてもらうケースもあるでしょう。そういった場合は、留守番してもらうのに無理がない職場を探すことが大切になってきます。

子供のことも考えながら、その上で必要な子育ての協力部隊をしっかりと確保することが重要なのです。

まとめ

30代で子持ちの看護師が選択する職場、扶養範囲内と正社員に分けて説明し、その上で30代の子持ちの看護師が仕事をする上で大切なことを説明しましたが、いかがでしたか?

基本的に不要範囲内で働くにしても、正社員で働くにしても、選択する職場はそれ程大きく変わりません。病院の外来やクリニック、通所・入所施設、在宅訪問サービスなどです。

どちらでも同じような状況の、子育て中の看護師が多く採用されていますので、理解しあって仕事をすることができるというメリットがあります。

しかし、デメリットで言うと、同じような環境の看護師が多いということは、休み希望も同じようになってしまう可能性があります。

例えば、小学校の運動会などは同じ日であることが多いため、その日に休みをとることは困難です。

よって、子供を預かってもらえる場所を確保することも大切ですが、職場の看護師はどういった方が多いか、学校行事の時などに休みが取れるかどうかなどの確認も必要です。

そういったことはなかなか自分では確認しにくいですよね。求人先に休むことが多いということをアピールしているみたいですから。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用すれば、こういった聞きにくいこともさり気なく上手く確認してくれます。

看護スタッフがどういった年齢層が多いかなども詳しく把握していることも多いので、職場のイメージがしやすく、子育てと両立しやすいかも事前に考えることができます。

聞きにくいことは転職コンサルタントへ、というスタンスで負担の少ない仕事探しをしましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る