30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代で専業主婦の看護師が復職するためには?

30代で専業主婦の看護師が復職するためには、どういったことが必要なのでしょうか?また、どういった職場が適切と言えるのでしょうか?復職までの流れを説明していきます。

30代で専業主婦の看護師が復職する動機

30代で専業主婦の看護師が復職する動機はどういったものなのでしょうか?これによって、どういった働き方が最適かが見えてきます。

子供の手が離れてきたから

大体子供の手が離れてきたというタイミングは、子供が4歳〜12歳を指します。4歳というのは保育園や幼稚園、親元から少し離れても大丈夫かな、というタイミングです。

6歳で小学生、10歳で小学生高学年、12歳で中学生といった感じで、どのタイミングで手が離れたというかは、その看護師の感覚、そして家庭環境等によっても異なります。もちろん、子供の性格なども影響します。

こういった看護師は子供の手が離れてきたことによって、せっかく持っている看護師の資格を活かして、今後どんどん必要になってくる家計の足しになるようにと考え、働くことを考えるようになります。

長くブランクを作るのが不安

看護師として復職するにあたって、やはり気になるのがブランクです。基本的に7年以上ブランクがあると、医療現場が全く違っていて、浦島太郎状態になってしまうようです。

また、基本的なスキル、採血・点滴・注射に関しても技術的な部分での不安がついてきます。30代の専業主婦の看護師は大体3〜5年くらいのブランクになっていることが多いため、ちょうど不安になる頃なんですよね。

よって、医療現場にスムーズに看護師として復職するために、30代で専業主婦を卒業したいと考えるのです。

自分自身の看護師としてのキャリアを考えて

30代は子育て期間中で、専業主婦やパート勤務をしている看護師が多いですが、将来の自分自身のキャリアを考えた時に重要な時期にもなります。

看護師の求人を見ていると、30代半ばまでといった年齢制限がある求人が結構あります。病院の救急外来や急性期病棟、美容外科や透析室などある程度若い内に経験を積んでおかないと採用してもらえないものがあるのです。

こういった分野は、年齢を重ねてからではなかなか慣れることが難しいといった意味合いで、30代半ばを年齢制限としているようです。

となると、30代でのキャリアをどうするかによって、40代以降の仕事が変わってくる可能性もあります。そういった部分で復職に対して真剣に考えるようになる看護師もいます。

30代で専業主婦の看護師が復職しやすい職場

30代で専業主婦の看護師が復職しやすい職場には、どういったところがあるのでしょうか?上記で3パターンの30代の看護師の復職の動機を説明しましたが、各々のバターンでの復職しやすい職場を紹介します。

子供の手が離れてきたから⇒クリニック・病院の外来・デイサービス

子供の手が離れてきたといった動機の場合、基本的に扶養範囲内での働き方を選択するケースが多いです。扶養範囲内となると、短時間勤務であったり勤務日数が週3日程度であったりと、フルタイムではない働き方が可能な職場である必要があります。

となると、やはり真っ先に挙がるのがクリニックです。午前診のみの仕事なんかは30代の看護師に大人気です。

しかし、ブランクがあることで採用が難しいケースもあります。基本的に3年以上のブランクから採用に影響がでますね。5年以上のブランクになるとかなり難しくなります。

もちろん、ブランク前の経験にもよりますが、ブランクの年数が長くなっている場合は、なかなか決まらない可能性もあるということを認識した方が良いでしょう。

そこで次に候補に挙がってくるのが病院の外来です。病院の外来も午前診のみという働き方もありますし、午後の検査まで勤務して16時くらいに終了といった勤務形態もあることがあります。

このように選択肢が多くあるというメリットもあり、またスタッフ数がクリニックよりも多いということで、ブランクが長い看護師も採用されやすくなります。

ただ、それでも難しいケースもあります。例えば、ブランク前の経験が2年、ブランク10年などです。こういった形になってしまうと、一から教えることになるため、フルタイムの勤務であれば大丈夫ですが、短時間勤務になると難しいのです。

といった中で、経験年数よりもブランクの方が圧倒的に長い方で、今後病院やクリニックにあまり復職する気がない、といった看護師向けにデイサービスがあります。

デイサービスの場合、利用者様の健康管理が中心となり、基本的に医療行為はありません。また、入居施設ではないため、急変などもほとんどありません。

レクリエーション等を手伝いながら、バイタルチェックなどを行っていく仕事になり、経験がほとんどない看護師でも、問題なく仕事ができます。

しかし、看護師としてのスキルを磨くことにはなりませんし、ブランクを埋めることにもなりません。つまり、デイサービスで仕事をすることによって、看護師としてのブランクを長くしてしまうことになります。

看護師の資格だけを活かす、というのであれば問題ない働き方です。

長くブランクを作るのが不安⇒病院の病棟・病院の外来

長くブランクを作るのが不安と感じる看護師が復職しやすい職場として最も多いのは、やはり病院の病棟です。病院の病棟であれば、復職支援なども行っており、ブランクがあっても安心して復職できます。

ブランクを長く作るのが不安という看護師は、そもそもブランクがあることで仕事ができるかどうかの不安も大きくなっています。その不安を払拭するためには、やはり復職支援などの研修体制があることが大きいのです。

また、病院の病棟というと夜勤ができないと無理なんじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、復職支援の一環として、夜勤なしで勤務時間も1日6〜7時間の時短勤務が可能になっているところもあります。

もちろんずっとというわけではなく、子供が大きくなるとフルタイムや交代勤務が必要になるケースも多いですが、スムーズにブランクの不安を払拭できる可能性があります。

しかし、病院の病棟業務は大変だからフルタイムで勤務できるようになってから、という看護師もいます。そういった看護師は病院の外来を選択することになります。

病院の外来で勤務をしつつ、将来的に病棟などに復職し、完全にブランクの不安を払拭していくといった流れです。

自分自身の看護師としてのキャリアを考えて⇒専門分野(美容外科・訪問看護・透析室など)で正社員を選択

キャリアを真剣に考えてといった場合は、やはり専門性を考えるケースが多いです。もともと興味があった分野であったり、ブランク前に勤務していた分野であったりしますが、専門性を磨いて40代以降に備えるのです。

また、そういった場合には、なかなかパートでは難しいため、正社員として勤務する傾向にあります。日勤帯しか勤務できない看護師は、日勤のみで正社員として勤務できる専門分野、例えば訪問看護や内視鏡、透析室、美容外科などを選択します。

夜勤も可能なのであれば、病棟なども含めて考えていきます。フルタイムでの勤務となるため、家族の協力も必要となりますが、40代からでは遅いケースもありますので、環境を整えてチャレンジしている看護師も多いです。

30代で専業主婦の看護師が復職する上で重要なこと

30代で専業主婦の看護師が復職する上で大切なことにはどういったことがあるでしょうか?

家族に対しての根回し

まずは、しっかりと家族と相談することが大切です。配偶者とはもちろんのことですが、子供とも話をしておいた方が良いですね。また、両親等バックアップしてもらえる可能性がある親族、友人などにも事前に話をしておくと良いですね。

専業主婦から復職して失敗するパターンとして、実際に働いてみると家族に負担がかかってしまって続けることができなくなった、というのがあります。

これは、実際に仕事をしてみないと分からないと言えば確かにそうですが、事前に家族との話し合いができていなかったことが要因とも考えられます。

勝手な思い込み等で、「旦那は前にこう言っていたからこれくらい働いても大丈夫」と思って就職すると、もっと早く帰ってきて欲しい、この曜日は家にいて欲しい、などと後から話がでてきてしまい、結局辞めなくてはいけなくなってしまいます。

将来的な働き方をイメージする

30代の専業主婦ということは、今後の看護師としてのキャリアについてまだ真剣に考えていないというケースも多いでしょう。

それは仕方ないことですが、現在では看護師の職場が多種多様になってきており、将来的に、いわゆる子供が巣立った後はどういったところでどんな仕事がしたいのか、という点はイメージしておかないと、後々後悔することになります。

漠然とで構いませんが、病院に戻りたい、施設でゆっくりと仕事がしたい、在宅訪問サービスに携わりたい、と言った感じの将来像を考え、それに向けて今の生活環境でできる仕事を探しましょう。

まとめ

30代で専業主婦の看護師が復職したい動機から働きやすい職場、そして復職する時の注意点などを説明しましたが、いかがでしたか?

基本的には30代の専業主婦は妊娠、出産、子育ての中で仕事から離れていることが多く、復職したい動機としては子供の成長とともに自分自身の将来のことなども考えるようになり、そこから復職に向かっていくことになります。

その際に、将来的に看護師として第一線で頑張っていきたいのか、それとも出来るだけ無理ない状態でゆったりと仕事がしたいと考えるのかによって、復職先が変わってきます。

ただ、どちらにしてもまずは動機となるのは子供の手が離れてきて、仕事について考え始めた時にブランクが長くなることに対しての不安なども感じて復職を真剣に考えるようになります。

その先には将来的な看護師としてのキャリアも当然考えていくことになりますが。

こういったことを考えながら30代で専業主婦の看護師が仕事を探すのは、かなり難しく悩むことが多いです。まずは現在の看護師の職場についての話を聞きたいという心境もあるでしょう。

その時に強い味方となってくれるのが、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントです。復職の先に気になる復職支援の体制なども把握していますし、今後のキャリアについての相談もできます。

まずは転職コンサルタントを有効活用し、一歩を踏み出しましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る