30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

看護師の専門学校に30代から通っても大丈夫なの?

看護師の専門学校に30代から通おうとする方が近年増えています。しかし、30代から看護師の専門学校に入って、10代や20代の人と一緒に学んでいくことに不安を覚える方も多いでしょう。実際に30代で通うとどうなのかを説明します。

看護師の専門学校に30代で入学するのはそもそも簡単なの?

看護師の専門学校に30代で入学したいと考える方が近年増えています。理由としてはやはり就職難であったり、雇用が不安定な状況にあることが大きいですね。

看護師は求人が非常に多いですし、雇用も安定しています。一般企業等で就職して勤務した結果、例えば給与カットや賞与が出ないなどを経験した結果、看護師を目指したいと考えるようになるわけです。

しかし、30代からでも簡単に入学できるのかどうかが心配ですよね。やはり専門学校に入学する際には、入学試験があるわけですから。

看護師の専門学校は正看護師を目指す高看と言われるところと、准看護師を目指す専門学校があります。結論を先に言うと、30代から看護師を目指す際には准看護師を目指す学校に入ることが多いです。

これには理由が2つあります。1つは純粋に入学の難易度の問題です。高看は競争率が高く入学が難かしくなっており、入学前の勉強をしっかりと行わないと合格できません。

社会人として仕事をしながら入学を目指すのであれば、高看からスタートするのは現実的とは言えないのです。

もう1つは金銭的な問題です。高看は准看護師の専門学校と比べて、卒業するまでの学費が高くなっています。高看は3年、准看護師の専門学校は2年というのもありますが、卒業までに高看は約300万、准看護師の専門学校は卒業までに約150万くらいと約倍になっているのです。

よって、現実的な部分で言うと准看護師の専門学校に通って、まずは准看護師の免許を取得する方が多いです。そして、その上で数年後に高看に通うケースがあります。

入学という面で検証すると、准看護師の専門学校であれば比較的簡単と言えるでしょう。

看護師の専門学校に30代で通う場合卒業はどうなの?

看護師の専門学校に30代で通う場合卒業はどうなのでしょうか?よく読んでいる方は気になる表現があったのに気がついているかもしれません。そうです、上記で「入学という面で検証すると」としています。

つまり、入学は比較的簡単だけど・・・、となるわけです。実際に30代で高看、もしくは准看護師の専門学校に通った場合、卒業に至らないケースも少なくありません。

卒業ができないケースは大きく分けると3通りあります。

1つ目は単純に金銭的にショートしてしまうケースです。准看護師の専門学校であっても卒業までに100万以上はかかるケースがほとんどです。

ものすごく高い金額というわけではありませんが、専門学校に通うにあたってそもそも生活費を今までの貯金とアルバイトで賄っていくと考えると、金銭的に厳しい状況に陥ったとしても不思議ではありません。

授業料が払えなくなって中退してしまうケースは、社会人から専門学校、というパターンがほとんどである30代には特に起こりやすいことと言えるでしょう。

次に看護師の仕事が自分には無理、と入学後に感じることがあったケースです。最も多いのが、実習先で大きな壁にぶち当たってしまうことですね。

実習を病院などで行いますが、例えば血を見るのが苦手であったり、バタバタと走り回る環境を見て自分にはできない、と感じてしまったり、状況は人それぞれですが看護師になるのを諦めるという選択をしてしまうのです。

もちろん、こういったことは10代や20代でも一定数はありますが、やはり30代の方が自分にとってできることとできないことを把握していますので、実習の中で決断を下しやすくなります。

最後に勉強についていけなくて留年してしまう、というケースです。入学自体はそれ程難しいわけではありませんが、入学後はしっかりと勉強していく必要があります。

看護師という仕事は人の命に関わる仕事ですので、授業で覚えないといけないことなどは非常に多く、思っていたよりも大変、という声は多いです。

看護師の専門学校に入学できても、卒業できないと看護師免許の取得ができないため意味がありません。卒業までのプランをしっかりと立てて看護師の専門学校に通うようにしましょう。

看護師の専門学校に30代で通う場合の注意点は?

看護師の専門学校に30代で通う場合の注意点はどのようなことがあるでしょうか?

10代、20代の学生とのコミュニケーションをしっかりと取ること

30代の専門学生もいないわけではありませんが、メインとなるのは10代、20代です。卒業するのは自分ですが、やはり困ったときなどに助け合うことができる環境があるのとないのとでは全く違います。

10代、20代の専門学生としっかりとコミュニケーションが取れていることで、実習などで壁にぶち当たった時、勉強についていくのがしんどい状況になった時に相談することができます。

相談することで解決できるとは限りませんが、それでも心にゆとりはでき問題に対して向き合う活力になるでしょう。

10代、20代の専門学生以上に勉強すること

10代、20代の専門学生とコミュニケーションを取ることができると、どんな感じで勉強しているかなども把握することができます。

その上でそれくらいで大丈夫なのか、と自分も同じように勉強に取り組んでしまうと、結果としてついていけなくなる可能性が高くなります。

やはり30代になってくると記憶力が低下してしまったりといったことがあるので、その点10代、20代の専門学生以上に勉強に取り組むことが大切になるのです。

10代、20代の専門学生と仲良くすることも大切ですが、その上でライバルとして置いていかれないようにするためにはどうしたら良いかをしっかりと考えるようにしましょう。

まとめ

看護師の専門学校に30代で通うことは簡単なのか、そして卒業はどうなのか、注意点は?など説明してきましたが、いかがでしたか?

30代から看護師の専門学校に通う場合は、金銭的な面や仕事の面など入学した後で継続が困難な状況になってしまうことが多いため、その点をどうクリアしていくかを、しっかりと計画を立てて入学することが大切です。

また、看護師の専門学校は入学自体はそれ程難しくありませんが、卒業に関してはしっかりと勉強していく必要があります。特に30代になると10代、20代と同じように覚えたりすることができなくなっています。

それだけ真剣に勉強に取り組むことが大切なのです。そして、注意点としてはやはり10代、20代とのコミュニケーションをしっかりと取ることですね。

これは専門学生の間も大切なことですが、卒業後も同期として一緒に仕事をしていく仲間になっていきます。また、新卒で就職する職場での同期も大体10代、20代になります。

つまり、10代、20代とのコミュニケーションをとっていくことは就職後のことを考えても大切なことと言えます。

10代、20代とコミュニケーションを取るのが苦手、となってしまうと、就職した後も人間関係などで悩むことになる可能性が高くなるため、注意が必要ですね。

そして無事卒業できるということになった場合、今度は就職ですよね。30代で看護師の専門学校に通い卒業した場合、就職先選びに関しても10代、20代よりもこだわりを持っていることが多いと思います。

こだわりを満たしてくれる職場を探すにあたっては、もちろん専門学校を頼ることも大切ですが、それだけではなかなか思うような職場の情報がないかもしれません。

1つの選択肢として、看護師就職支援サイトを活用することも大切です。新卒向けの情報もありますし、中には就職フェアなどを開催しているところもありますので、有効活用してみてくださいね。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る