30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

看護師で男性の30代ってどんな役割を担うの?

看護師で男性の30代というのは、どのような役割を担うようになるのでしょうか?看護師は女性が圧倒的に多い職種ではありますが、決して男性の需要がないわけではありません。その中でも30代の男性に求められる傾向にある役割を説明します。

看護師で男性の30代は管理職を任されるようになる傾向にある

看護師で男性の30代は管理職を任されるようになる傾向にあります。もちろん、看護部長や師長などは40代、50代になってからですが、主任や副師長など現場のまとめ役、いわゆるリーダー的な存在になることを求められます。

看護師の職場は女性が多いということで、女性の職場特有の人間関係が問題になるケースが多いです。無視や陰口を叩くなど、ちょっとした陰湿ないじめなどが存在しやすくなります。

こういったものはなかなかなくなるということはありませんが、男性が職場にいると少し緩和される傾向にあります。よって、職場の中心に男性の看護師がいるようにしようとしている病院などが増えています。

また、男性の看護師で30代となると、家庭を持っている方も多くなり、転職することが少なくなります。つまり、長期的な視点で職場づくりを任せやすいと言えるのです。

どうしても管理職がすぐに退職してしまうと、なかなか体制が整えることができません。そうなると、体制が不安定な中で将来的な不安を感じた看護師などが、退職してしまうことになるのです。

こういった悪循環を防ぐために、安定した体制づくりを考えたい、そのために30代の男性の看護師を採用することが重要と考える病院が増えているのです。

看護師で男性の30代が重宝される職場

看護師で男性の30代が重宝される職場にはどういったところがあるのでしょうか?

精神科病院

これは随分昔から言われている、というよりも看護師で男性も必要となった要因の1つが、精神科病院で必要となったためです。

精神科病院は今では大分システマチックになっていて、身体拘束なども少なくなってきていますが、何十年か前は暴れる患者様を押さえつける役割として男性スタッフが必要でした。

それが男性の看護師となったのです。今では身体拘束は出来るだけしないようにというやり方に変わってきていますので、男性の看護師ばかりでなく女性の看護師も増えてきていますが、それでもやはり男性の看護師は需要が高くなっています。

そして、近年では男性の看護師の受け入れ先が増えてきていることもあり、30代で経験豊富な男性の看護師が、様々な職場に転職している傾向があります。

精神科以外にも選択肢があるということで、いろいろな科目を経験してみたいと考える男性の看護師が増えているのです。

よって、30代の男性の看護師はより求められる傾向が強くなっており、結果として重宝されることになります。

救急外来やオペ室

いわゆる救急の場で30代の男性の看護師の需要が高まっています。当然ながら20代で救急外来やオペ室の経験をしている30代の男性が求められているわけですが、そもそも救急外来やオペ室は男性看護師が受け入れられやすい職場と言えます。

男性看護師が受け入れられにくい職場として一般病棟がありますが、これはどういった理由かというと病棟での看護業務を行う際に、女性の患者様から同性看護師が良いという要望が出やすいためです。

救急外来やオペ室に関しては、何回も同じ患者様に対して看護業務を行うわけでなく、その時その時の短期的な看護業務を行うことになり、患者様も意識することが少ないです。

また、救急外来やオペ室では緊急時の対応が多く、素早い状況判断が必要になり、そういった部分は男性の方が優れている傾向にもあります。

よって、30代の経験のある男性の看護師は、即戦力として重宝されやすい傾向にあるのです。

透析室

透析室はそもそもの話として男性が多い職場です。透析室では臨床工学技士と看護師、そして看護助手がメインとして勤務しており、臨床工学技士は機械の専門家ということもあり、男性が多いです。

そして、臨床工学技士は生命維持管理装置についての医療行為は可能となっており、シャントへの穿刺もできます。よって、臨床工学技士と看護師が一緒になって仕事をしている環境が多く、男性の看護師も働きやすい職場と言えるでしょう。

更に、透析室の室長や看護部長は男性が多く、トップが男性ということは同性ということで男性の看護師が働きやすいとも言えます。

また、男性の看護師が臨床工学技師の資格もとって、透析室のスペシャリストを目指すことも多いです。専門分野でもありますので、専門性を高めていきたいと思っている30代の男性の看護師は、非常に欲していることが多く、重宝されます。

看護師で男性の30代が転職する時に気をつけること

看護師で男性の30代が転職する時に気をつけることには、どういったことがあるのでしょうか?

職歴を整理して転職先を決めること

30代の男性の看護師には、ある程度リーダーシップを発揮してもらえることを期待している職場が多いです。よって、これから一から仕事を覚えていきたい、という意味合いでの転職となると、かなり厳しくなってきます。

よって、まずは自分自身の職歴を整理し、即戦力となれる職場がどういったところなのかを考え、転職を進めていくことが大切です。

もちろん、希望として明確なものがあるのであれば、経験がなくても飛び込むしかありませんが、その際にも自分自身の経歴の中で、どういった点を活かして貢献できるかをまとめておく必要があるでしょう。

看護の実務的なことだけでなく、マネジメント能力のアピールも必要

30代の男性の看護師は、リーダーシップを発揮してくれることを期待して採用しているケースが多いと、上記で説明しました。

となると、マネジメント能力であったり、リーダーとしての役割を担った経験などをアピールする必要が出てきます。

もちろん、今までの職場でリーダー的な役割があったのであれば、それをアピールすれば良いですが、もしないのであればプライベートを含めても構いませんので、出来るだけリーダー的な存在になっていることがあることをアピールしましょう。

また、看護協会などが行っている外部研修にも積極的に参加していると、より印象が良くなります。もちろん、マネジメント関係の研修に参加していると良いですが、それ以外でも勉強する意欲が高いと思われることが、より良い印象を持ってもらえる要因となります。

年齢性別関係なく馴染んでいけるコミュニケーション能力のアピール

30代の男性の看護師となると、この点が最も気になるところです。30代となると、若い20代の看護師、ベテランの40代、50代の看護師のちょうど間に挟まれる形になります。

よって、年齢的な部分でも部署内が上手く連携が取れるような橋渡し役になっていく必要があります。そういったことを担えそうな人材なのかどうかという点が重要になってくるのです。

そして、当然ながらほとんどの職場で看護師は女性が多いです。20代の男性の看護師は、女性の看護師にかわいがられて上手くいくというケースも多いですが、30代となるとそういった位置づけにはなりません。

よって、しっかりとコミュニケーションを取りながら、自分から馴染んでいくことが大切なのです。これができないと早期退職に繋がってしまうため、難しいのではないかという印象を持たれると、転職活動が上手くいかない可能性があります。

看護師として職場で上手くコミュニケーションを取ってきた事例などを、面接時にアピールすると良いかもしれませんね。

まとめ

看護師で男性の30代がどういった役割を担うのか、といった点に焦点をあて、どういった職場で重宝されるか、もしくは転職時に気をつけることなどを説明しましたが、いかがでしたか?

基本的に男性の看護師の勤務先で多いのは、精神科病院、救急外来、オペ室、透析室などです。こういった職場では男性の看護師が多いこともありますし、求めているものが男性の特性に合っていると言えます。

しかし、30代の男性の看護師に求めていることは、多くの職場でリーダー的な役割になってきます。リーダー的な役割をこなしていくにあたっては、コミュニケーション能力、マネジメント能力、勉強熱心な姿勢などが重要になります。

こういったところをアピールしていくことが重要になってきますが、できることなら面接先がどういったことを求めているのかを明確に把握した上で面接に臨みたいですよね。

ちょっとしたカンニングみたいに思うかもしれませんが、それを可能にするサービスもあります。それが看護師転職支援サイトを活用することです。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは、面接にも同席しているケースが多いため、面接時にどういった質問が出ているか、そしてどういった看護師を求めているかなどを把握しています。

そういった情報をもとに面接対策を行っていけば、転職活動において失敗することは少ないでしょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る