30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

看護師は社会人の30代からの転身が結構ある?

看護師は社会人の30代からの転身が結構あります。これは社会人として看護師以外の仕事をしていて、30代で看護師免許を取得して看護師としての仕事を始める、という意味です。なぜそういった方が多いのかを説明します。

看護師が社会人の30代に注目される理由

看護師が社会人の30代に注目される理由にはどういったことがあるのでしょうか?一言で説明すると、看護師は求人が多く給料もそれなり、安定した雇用をしてもらえるというメリットがあります。

30代の社会人が業績不振等で給料カットなどの憂き目を体験した時に、将来の不安を覚え手に職をつける、尚且つ求人が多くて安定した仕事を探すようになります。その際に目につきやすいのが看護師という仕事なのです。

もちろん、看護師という仕事は責任ある大変な仕事ですが、30代になるとそういったことよりも安定性と給料などを最重要項目として捉える方が多くなるため、それに一致していれば問題ないと考えます。

よって、看護師になるということに対するハードルが非常に低くなります。

また、社会人として仕事をする上でいろいろな仕事に転職した経験がある方の中で、看護師以外の医療関係の仕事に就いた経験がある方が看護師になることも少なくありません。介護職や医療事務からが多いですね。

これは、単純に待遇面、主に給料ですが大分変わってくるため、看護師を目指したいという気持ちを強くする方がいるためです。大体そのタイミングが30代になっているのです。

看護師に社会人の30代がなった場合に選択されやすい職場

看護師に社会人の30代がなった場合には、どういった職場で勤務することが多いのでしょうか?また、20代前半で新卒で選択する職場とは違ってくるのでしょうか?

基本的には看護師ということで病院での勤務が中心にはなりますが、その病院の規模や内容が違ってきます。

20代前半の新卒の場合は、大学病院や公的病院、総合病院などの大規模な急性期病院が多いですが、社会人が30代から看護師になった場合は、民間の中小規模の病院や療養型病院などが多くなります。

これは仕事についていけるかどうか、という部分で大学病院や公的病院、総合病院は年齢的に20代を中心に採用しているためと言えます。

実際に大学病院や公的病院、総合病院では社会人の30代からの転職の場合、早期退職するケースは多くなっています。その理由としては、残業の多さなどについていけないという点と、勉強会などの業務外のイベントが多いことに疲れ果ててしまう、ということが挙げられます。

もちろん、民間の中小病院や療養型病院となると研修体制の心配があると思います。しかし、研修というのは仕事を覚えるためにあるもので、先輩看護師に教えてもらいながら仕事を覚えていく、という環境があれば、しっかりとした研修体制がなくても何とかなるものです。

社会人として経験がある方であれば、仕事を覚えていくといった経験はしていますので、社会人自体が初めてという20代前半の新卒とは違い、効率的に仕事を覚えていく土台はできているのです。

ただ、30代で社会人から転職した看護師は自分よりも若い看護師から教えてもらうケースが多くなりますので、その辺抵抗なく素直に教えてもらうことが大切になります。

社会人としての経験があれば年齢は関係ない、という感覚が身についている方が多いですが、30代で社会人だったということは、それなりに指示を出したり仕事を後輩に教えたりするポジションに就いていた方もいると思います。

そこから新人になって年下の看護師から仕事を教えてもらうということで、抵抗というか素直に教えてもらうことができない方もいます。

その点注意してやっていけば、民間の中小病院や療養型病院でしっかりと仕事を覚えることができ、30代からでも立派な看護師になれるでしょう。

看護師に社会人の30代からなる場合の注意点

看護師に社会人の30代からなる場合にはどういった注意点があるのでしょうか?

まず、上記で説明したように年下の看護師から教えてもらう環境になりますので、それに抵抗なく素直に教えてもらうことが大切になります。

社会人経験が長ければ長いほど、求人先からするとこの点を心配します。業界が違うにしても、今までの経験を頼りに仕事をしようとしてしまったり、年下の看護師からの指示に素直に従わなかったりすることがあるのです。

そして、看護師に社会人の30代からなるのであれば、スピードが重要になってきます。新人に関してはある程度仕事を覚えるまでに猶予をもらえるものですが、30代であればそれなりに仕事を早く覚えていくことが大切になります。

というのも、看護師に社会人の30代からなった方で、なかなか仕事を覚えることができず、早期退職してしまうケースが多いためです。

つまり、仕事を覚えるのが遅いと、「やっぱり社会人からの30代新人はダメか」と早期に見切りをつけられてしまう可能性があるのです。

20代前半の新人看護師であれば、将来性も加味して長い目で見ていこうともなりますが、30代となるとある程度人間的にも出来上がっていますので、将来性という面があまり見込めないという点ももちろんあります。

こういったことに注意して勤務していけば、社会人からの30代新人看護師であっても、問題なく勤務していくことができるでしょう。

まとめ

看護師に社会人の30代から転身することはできるのか、できるのであればどういった職場が多いのか、そしてどういったことに気をつけていくことが大切なのか、といった点について説明してきましたが、いかがでしたか?

結論の部分から言うと、社会人の30代から看護師に転身したいと考える方は結構多く、それ自体が難しい訳ではありません。

ただ、20代前半の新人看護師とは勤務先が異なり、民間の中小病院や療養型病院での勤務になるケースが多くなります。

そして、年下の看護師に教えてもらう点や、仕事をより一層早く覚えていく必要があったりで、看護師として就職することができても、決して安泰なわけではありません。

看護師としてこういったところで働きたい、といった希望もあると思いますが、まずは仕事を覚えやすい環境になっている職場で働くことが大切です。そして経験を積んだ上で、希望する職場を選択すれば良いのです。

仕事を覚えやすい職場というのは、やはり研修体制が充実していたり、30代の看護師が多い、もしくは社会人から看護師になった方が多い職場となります。

こういった職場を探していこうと考えた際に、自分だけではなかなか情報を収集することが難しいですよね。看護師転職サイトを利用すれば、経験豊富な転職コンサルタントが、過去の実績から上記のような仕事を覚えやすい環境になっている職場の情報を教えてくれます。

その情報をもとに就職活動を行うと、失敗する可能性が少なくなります。有効活用してみてくださいね。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る