30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

30代の看護師が資格を取得するならこれだ!

30代の看護師が資格を取得する際に、どういったものが良いのか迷いますよね。資格を取得したいと思う動機は、キャリアアップや給与アップだと思いますが、闇雲に取得しても意味がありません。30代の看護師に多い状況と併せて説明します。

30代の看護師が資格取得する前に

30代の看護師が資格を取得したいと考えるケースは結構多くなっています。看護師という仕事自体が専門職ではありますが、より専門性を高めていくことが大切な時代になってきているためです。

つまり、看護師という資格だけでなく、更に看護師の中でも自分の専門分野はこれだ、と明確に分かるような資格を取得したいと思うようになるのです。

ただ、資格というのは学会や協会ごとに設けているケースが多く、非常に多くの資格があります。取得にあたって試験があるものもあれば、講習に参加するだけで取得できるものもありますし、数年かかるものもあれば数日で取得できるものもあります。

こういったことを踏まえて、まずは30代の看護師が資格取得を考える場合には、自分自身が今後どの専門分野を極めていきたいのかを決めることが大切です。

ただでさえ多くの資格があるのに、いろいろな専門分野に興味があってとなると、いわゆる資格コレクターになってしまいます。一貫性がある資格を取得しておくと、就職面接時の面接官の印象は良くなりますが、一貫性がないと逆にマイナス評価になることもあります。

一貫性がない資格を取得していると移り気であると評価され、仕事も続かないのではないかと思われてしまうためです。

また、一貫性がある資格であればその分野への興味関心が高いとなりますが、一貫性がないと仕事に対する興味関心はあまりなく資格取得に興味がある、と就職面接時の面接官に思われてしまうこともあります。

30代の看護師は、今後のキャリアプランをしっかりと描く時期であり、そのためのツールとして資格がある、ということを忘れないようにしましょう。

30代の看護師が資格を取得するなら、給与に直結するものが良い?

30代の看護師が資格を取得するのであれば、やはり給与アップにダイレクトに繋がるものが良いですよね。そうなってくると、以下のような資格がお薦めです。

ケアマネージャー

病院で看護師としてのキャリアを歩んでいきたいのであれば方向性が違いますが、介護・在宅訪問サービスなどに興味を持ち、その中で高収入を目指していきたいのであれば、ケアマネージャーの資格がお薦めです。

ケアマネージャーは介護プラン作成が仕事となり、現場での仕事というよりは管理職に近いポジションになります。よって、介護現場での肉体労働などは少なく、40代、50代になっても問題なく仕事ができる仕事です。

そして、給与面もケアマネージャーの資格手当も当然ありますので、看護師免許だけで仕事をするよりも高収入になります。

また、いずれはケアマネージャーとして仕事がしたいが、今は例えば訪問看護師として仕事がしたい、といった場合でも、資格を取得していれば、ケアマネージャー資格の手当をもらえる職場もあります。

簡単な試験ではありませんので、それなりに勉強する覚悟は必要ですが、将来的にケアマネージャーとして仕事をしたいと考えているのであれば、30代で取得した方が良いですね。

内視鏡検査技師

看護師の専門分野の中で、より実践的な資格が内視鏡検査技師です。内視鏡検査技師は一定の内視鏡介助経験がある方のみ取得できる資格になっており、30代の看護師が取得するケースが多い資格です。

実践的な資格ですので、内視鏡検査技師があれば内視鏡介助に関して知識、技術があることの証明になり、採用側も安心して採用できます。よって、収入面でも最初から高収入になることが多いです。

また、30代の看護師は子供が小さくフルタイムでは仕事ができない、という方も少なくないでしょう。内視鏡検査技師の資格があれば、短時間勤務で高時給で働くことができるケースも多いです。

内視鏡介助の経験件数が必要ですので、内視鏡検査がある程度多い職場で勤務する必要がありますが、内視鏡検査に興味があるのであれば、早い段階で取得したい資格ですね。

30代 の看護師が資格を取得するなら、趣味の延長がベスト?

30代の看護師が資格を取得する際に、上記ではキャリアアップや給与アップに繋がるものを挙げましたが、他にも資格の持つ意味合いはあります。

例えばアロマテラピーの資格であったり、カンセリング関連の資格などを取得して、自分自身が個人的に興味がある分野、いわゆる趣味や特技の領域を活かして看護師として仕事をするというケースもあります。

アロマテラピーであれば、訪問看護師として勤務する際に、訪問看護ステーションで活用しているケースもあり、そういった職場で勤務すれば資格を活かすことができます。

カウンセリング関連であれば、例えば緩和ケア病棟であったり、不妊治療や美容医療などを行っている職場で活かすことができる可能性があります。

こういった資格の場合、キャリアアップや給与アップには直接的に繋がらないかもしれませんが、仕事を楽しく行うことができます。

30代の看護師の場合、看護師としてのキャリアを追い求めるのではなく、生活の一部に看護師としての仕事がある、という考えで仕事をしている方も多いです。

どちらが良い悪いではなく、30代の看護師各々の考え方、価値観によるものです。趣味の延長の資格と看護師の仕事を結びつけることができると、より一層仕事が充実する、こういった形での資格も面白いですよね。

まとめ

30代の看護師が資格を取得する場合の注意点、資格を取得するのであれば、キャリアアップや給与アップに繋がるものから、趣味の延長となる資格についてまで説明してきましたが、いかがでしたか?

資格は非常に種類が多く、計画的に取得していく必要があります。まずは、自分自身がどういった専門分野でのキャリアを磨いていきたいのか、そしてその分野にはどういった資格があるのかを正確に把握することが大切です。

その上で、キャリアアップや給与アップに繋がる資格の一例として、ケアマネージャーや内視鏡検査技師を挙げました。こういった資格は取得に試験があったり一定の実務経験が必要であったりで、結構取得が難しいことが特徴です。

しかし、その分取得するだけで資格手当が発生したりして、ダイレクトに給料アップに繋がりやすいという特徴があります。

また、30代の看護師の場合、キャリアアップや給与アップだけではなく、趣味の延長としての資格を取得し、それを看護師の仕事に活かそうと考えるケースもあります。

アロマテラピーは訪問看護ステーションなどで取り入れているケースがあるため、趣味を仕事に活かしてより仕事を楽しむことができますし、カウンセリング関連の資格は緩和ケア病棟や不妊治療、美容医療などの不安や悩みを持っている患者様が多い職場で、より多くのやりがいを見出すことに繋がるかもしれません。

このように、30代の看護師が資格を取得しようと思うと、様々なケースがあるわけですが、資格を活かすことができる職場探しに苦労している看護師も多いです。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用し、資格を活かすことができる職場を探すと、案外簡単に見つかるかもしれません。

というのも、転職コンサルタントは多くの職場の実際の情報を知っているため、どういった資格を持っている方を欲しているかなども把握しているケースがあります。

また、職場の特徴なども把握しているため、この職場だったらこの資格が活かせるんじゃないか、とピンときて求人先に確認してくれることも有ります。

こういったことはなかなか自分ではできませんよね。便利なサービスを上手く活用しましょう。

30代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る